レアル・マドリージネディーヌ・ジダン監督が1日に行われるラ・リーガ第25節のレアルソシエダ戦に向けて意気込みを語った。スペインマルカ』が報じている。

スペイン代表DFセルヒオ・ラモスを筆頭に故障者が相次ぎ、戦力が揃わないレアル・マドリーだが、目下4連勝中。優勝争いを演じるアトレティコ・マドリーバルセロナが今節を揃って勝利で飾るなか、5位の難敵ソシエダをホームに迎え撃つ。

首位アトレティコ・マドリーに6ポイント差をつけられ、バルセロナにも暫定ながら2位の座を奪われての一戦となるジダン監督は会見で、先のヨーロッパリーグ(EL)で敗退が決まった一方で、リーグ戦3連勝中のソシエダに警戒心を強めた。

「彼らは素晴らしいチームであり、非常によくやっている。しっかりとプレーしてくるよね。我々はピッチ上でこれまでの戦いをしなければならない。しかも、改善を続けながらだ」

ここ公式戦5試合を全勝で切り抜け、批判的だった周囲を黙らせるフランス指揮官はまた、これまでも何度か難しい時期から乗り越えてみせる歩みについても言及。危機的な状況に陥っても、それを好転させる力がチームにあると主張した。

「それこそ私のチームだ。我々は大きな困難に直面したり、批判に晒されているときに真価を発揮する術を知っている」

シーズン中に大変なこともあるが、必ず良いこともある。先はまだまだ長い。また何も勝ち取ったわけじゃないのだ」

なお、やや試合に関する話から脱線するが、最近になり、両者の歩み寄りが報じられるセルヒオ・ラモスとの契約延長問題についても問われると、言葉少なに返した。

「いつも同じ質問をしてくるよね。解決してもらいたい。それだけさ。我々は明日に試合がある」

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>無料トライアルはこちら

サムネイル画像