コロナ禍でもテレワークできない

コロナ禍でもテレワークできない

教育機関や医療、小売店など、私たちの生活を支えるために出勤を続けている人は大勢いる。ところが、テレワークできる仕事にもかかわらず、出社している人からも切実な声が寄せられた。

派遣社員をしている40代女性は、勤務先の正社員はテレワークをしているにもかかわらず、女性は出社を続けている。「自分は派遣で誰よりもテレワークができる仕事内容なのに、出社を求められてテレワークしたことない」(神奈川県エンジニア)と不満げだ。(文:林加奈)

「正社員がいつ来るのかわからないので、業務の質問や相談がしにくい」

非正規雇用であることを理由にテレワークができていない人は他にもいる。

「正社員は週3テレワークですが、派遣社員はできません」(千葉県/50代女性/事務・管理)
「派遣パート。正社員は裁量勤務なので、いつ出社しても在宅しても自由。困ったことに配下の派遣パートに自分たちの出勤予定を教えてくれない。正社員がいつ来るのかわからないので、業務に関する質問や相談がしにくい」(東京都/50代女性/研究補助)

という。テレワークが原因で業務に支障をきたさないよう、会社は配慮してほしいものだ。

出社して在宅勤務者のフォロー「自分の仕事が進まない」

ところが、正社員にもかかわらずテレワークできないという声もある。「テレワーク組のサポートをしている」ために出勤を続けるのは、エンジニアをしている40代の女性だ。

「体質の問題で基本的にマスクは毎日できないので、電車に乗るのがつらい。緊急事態宣言でも会社は開けておく方針。自分は留守番役として出社で、テレワークで出社しない人あての郵便を開封・スキャン・送付する作業があります。宛先がわからないものは誰のものか全員に聞いてからスキャン・送付です。会社のweb会議にも出席しなければなりません」(東京都

テレワークしている人を支える仕事も楽ではない。出社してもこうした業務に追われ、自分の仕事が進まなかったために「仕事が遅い」と言われたこともあったという。「7割テレワーク」という政府の目標について女性は「7割テレワークではなく、外出禁止にして全員テレワークにならなければ、いつまでもこの状態です」と嘆いている。

※キャリコネニュースでは引き続き「コロナ第3波到来でもテレワークにならない人」
自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

“非正規だからテレワークNG”に怒りの声「正社員は週3在宅でも、派遣は毎日出社」「誰よりも在宅勤務ができる仕事内容なのに…」