ポーランド・グディニャに拠点を置くパブリッシャー(販売元)のForever Entertainmentは、リメイクタイトルの開発およびリリースに関わるスクウェア・エニックスとのライセンス契約締結を発表した。

 過去にセガとのライセンス契約を締結しているForever Entertainmentは、2020年4月に発売されたNintendo Switchソフトパンツァードラグーンリメイクパブリッシャーとして知られる。また、2019年10月には、アーケード向けのガンシューティングゲームザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズの初期2作品に関するリメイク版の制作も発表している。

 今回の発表によると、リメイク版を制作しているタイトルは複数存在し、すべてスクウェア・エニックスが保有するひとつの“ブランド”に基づくものだという。また、作品についてはゲームプレイスクリプトをそのままに、グラフィックデザインのみを変更することも記されている。

 さらに、発表では利益分配や開発費の負担といった面にも触れられている。利益はForever Entertainmentスクウェア・エニックス50%づつ均等に分配。開発費はForever Entertainmentの全額自社負担となるようだ。

 “ブランド”の詳細や対応プラットフォームについては一切触れられていないため、引き続き続報を待ちたい。

 ライターヨシムネ

Forever Entertainmentによるプレスリリース全文(ポーランド語)はこちら
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura