日本と同様、若者を中心にテレビ離れが進んでいる中国。それでも「抗日ドラマ」の人気は根強いが、あまりに突飛で荒唐無稽な「抗日神劇」には批判もまた多い。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、「抗日神劇」の問題点について指摘する動画を配信した。

 動画ではまず、「抗日神劇」がどれほど「神がかっているか」を紹介。素手で日本兵を切り裂く、百発百中狙撃兵、普通に食べられるのに投げたら爆弾になる中華まん、地上から手りゅう弾を投げて飛行中の戦闘機を爆撃する、日本兵は極めて愚かな兵士として描かれ、何の作戦も抵抗もなく簡単にやられてしまうことなどを挙げた。

 また、こうした荒唐無稽な設定やストーリー日本人にも知られており、多くの日本人は「お笑い」の1種として楽しみ笑っていると紹介。「抗日神劇」を解説した本まで出ていると恥ずかしそうに伝えている。

 「抗日神劇」の内容については中国国内からも批判の声が少なくないが、なぜそれでも制作し続けるのだろうか。その1つの理由は「市場があるから」だという。史実に忠実かどうかはどうでもよく、「面白ければいい」という中国人視聴者が多いとしている。また、抗日ドラマは「国のイデオロギーに沿った題材」であるため、内容はともかく制作すれば「任務完了」になることも関係していると論じた。

 この動画に対し、「抗日神劇という需要があることは中国の悲劇」、「抗日神劇は自信がないことの表れ」、「これは番組の審査をする人が責任を負うべき」、「テレビ局の責任だろう」など、批判のコメントが多く寄せられた。一方で、「抗日神劇はよくできている。視聴者が楽しければそれで良いじゃないか」、「抗日神劇は何も悪くない。士気を高めるから良い」など、擁護する意見も少なくなかった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

恥ずかしい・・・日本人は一部の抗日ドラマを「お笑い」と捉えていた=中国