世界には教育者が卑劣な罪を犯す事件がまれにあるが、とある国では校長が教え子をレイプし逮捕された。

 インド・ビハール州で、31歳の私立小学校校長の男が、自校の児童を妊娠させたと海外ニュースサイト『Times of India』と『NDTV』が2月16日までに報じた。

 報道によると、2018年、児童は嘔吐や目まいなどの症状を頻繁に訴えた。家族が児童を病院に連れていき検査を受けたところ妊娠が発覚したという。

 妊娠発覚をきっかけに女の子レイプ被害に遭ったことを打ち明けた。加害者は当時11歳の児童が通っていた学校の校長で、児童は2018年7月から8月の間に少なくとも6回レイプ被害に遭っていたという。レイプには同校の29歳の男性教師が加わることもあった。

 警察が捜査を開始。インドの法律に基づき、児童には中絶を行う許可が与えられ手術を受けた。その際、警察はDNAサンプルを採取。校長のDNAと一致し逮捕された。レイプに加わった教師も捕まった。

 この度、裁判で校長に死刑が、教師には終身刑が言い渡された。また、児童には合計15万ルピー(約21万円)の損害賠償金が支払われる。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「最低すぎる。レイプというだけでもひどいのに教育に携わる人という点でも最低」「逃げるどころか恐怖で声も出せなかったに違いない。一生心の傷と付き合わなければならないだろうし、校長の死刑判決は妥当」「罰が下されるのは当たり前で同情は全くできないけど、死刑ほど重い罰が下されたことに驚いた」などの声が挙がっていた。

 >>校長が13歳女子生徒を3年間にわたりレイプ 教師と生徒がいなくなった学校で犯行に及ぶ<<

 海外では校長が学校の子どもレイプした事件がほかにもある。

 ルーマニア・バカウで、小学校の校長が当時13歳の女の子レイプして逮捕されたと海外ニュースサイト『The Standard』が2020年11月に報じた。同記事によると、校長は理由をつけて女の子を校長室や自宅に呼び出し、レイプしたという。レイプ行為は少なくとも3回はあったという。

 女の子が体調を崩し、妊娠6カ月であることが発覚。これを受けて女の子は校長からレイプを受けたことを告白した。校長は逮捕され、終身刑が言い渡された。なお、女の子は出産したという。

 レイプ事件は残酷で、被害者は体だけではなく心にも大きなダメージを受ける。校長や教師という立場を利用してレイプをするなど許されざる行為である。

記事内の引用について
Minor student rape case: School principal awarded death penalty, teacher gets life imprisonment」(Times of India)より
https://timesofindia.indiatimes.com/city/patna/minor-student-rape-case-school-principal-awarded-death-penalty-teacher-gets-life-imprisonment/articleshow/80929202.cms
Patna School Principal Sentenced To Death For Rape Of Student」(NDTV)より
https://www.ndtv.com/patna-news/school-principal-in-patna-sentenced-to-death-for-rape-of-student-2371440
HEAD TEACHER GETS 15 YEARS FOR RAPING SCHOOLGIRL」(The Standard)より
https://standard.gm/head-teacher-gets-15-years-for-raping-schoolgirl/

画像はイメージです