V.LEAGUE DIVISION2 MEN所属のプロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」を運営する株式会社VOREAS(代表取締役社長 池田 憲士郎 以下「VOREAS」)と旭川空港ビル株式会社(代表取締役 山下 裕久 以下「旭川空港ビル」)は、旭川をはじめとした北海道の魅力発信と地域活性化を図ることを目的とし、2021年1月26日付でオフィシャルパートナーシップ契約を締結し、昨日3月2日(火)に締結式を執り行いました。

旭川空港ビル株式会社 北野俊勝専務取締役(中央右)と株式会社VOREAS 池田憲士郎代表取締役社長(中央左)、ヴォレアス北海道 古田史郎キャプテン(左)、ヴォレアス北海道 越川優選手(右)
今後は本契約に基づき、イベントへの選手参加、パブリックビューイング記者会見などの開催、選手バナーやロゴ設置による空港の盛り上げを図っていきます。

株式会社VOREAS 代表取締役社長 池田憲士郎より>
単純にスポーツチームパートナー契約と言いますと広告露出のイメージがありますが、本契約はVOREASと旭川空港ビルが相互に協力し合って高めあい、効果を最大化していくということを目的としています。現在国際線は動いておりませんが幣チームにも台湾代表の張育陞選手がおりますので、スポーツチームのPR力を最大限に発揮できればと考えております。空の玄関である旭川空港とともに、新たな観光資源としてスポーツツーリズムを念頭に掲げ取り組みを進めていきます。

<ヴォレアス北海道 古田史郎より>
ここから始まる旅に非常にワクワクしています。どこまでも高く飛んでいけるよう、旭川空港とともに前に進んでいけるよう頑張っていきたいと思います。

<ヴォレアス北海道 越川優より>
ヴォレアス北海道は地域から応援していただいているチームだと実感しています。バレーボールファンスポーツファン、空港ファン、みなさんがヴォレアスとの関係を持てるようになればと思います。旭川空港との関係を地域ともども強くしていきながらこれからもバレーボールを頑張っていきます。

<旭川空港ビル株式会社 専務取締役 北野俊勝様より>
今回のパートナーシップを通じて、各種イベントを通じて地域の活性化も図っていきます。旭川空港の航空利用客をはじめ、地元ヴォレアスサポーターのみなさまも気軽に空港に来ていただけるよう、ヴォレアス北海道と一緒に地域、空港を盛り上げていきたいと思っています。

■旭川空港ビル株式会社について https://www.aapb.co.jp/company-profile/
代表者:代表取締役 山下 裕久
資本金:4億円
事業内容:貸室並びに空港利用施設の賃貸業、航空事業者、航空旅客並びに航空貨物に対する役務の提供等

ヴォレアス北海道について
「V.LEAGUE」に2017/18シーズンより参戦し初年度で優勝(3部リーグ)、2018-19シーズンにおいても連覇。2019-20シーズンはV.LEAGUE DIVISION2に参戦し、19勝1敗で2位の成績(リーグ戦打切りにより2試合未消化)。日本代表経験もある古田史郎を中心に個性的な選手が集い、ヘッドコーチは世界各国で実績を積んだエド・クライン(クロアチア出身)がチームを初年度から率いる。2020-21シーズンからは北京五輪日本代表でプロビーチバレーボール選手の越川優が電撃入団。チームスローガンは「Children of the Revolution (革命の子ら)」。そのスローガンの通り、革新的なアイディアチーム運営の手法には定評がある
映像コンテンツにも力を入れており、昨シーズンの激闘に密着したドキュメンタリーの制作・ライブ配信や、自宅でできるトレーニングを選手自らが紹介するYouTube動画も配信している。
公式YouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/c/VOREASINC

配信元企業:株式会社VOREAS

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ