プレミアリーグ第29節が行われ、マンチェスター・Uクリスタル・パレスが対戦した。

 ヨーロッパリーグレアルソシエダ戦とプレミアリーグチェルシー戦と2試合連続でスコアレスドローのマンチェスター・U。敵地での1戦では、最前線にエディンソン・カバーニが先発入りを果たした。

 16分、左サイドオーバーラップしたルークショー折り返しを、エリア内中央で受けたマーカス・ラッシュフォードフリーで狙ったが枠を捉えられず。

 さらに23分、今度はカバーニポストプレーからメイソン・グリーンウッドが左足でシュートを放つも、相手DFのブロックに遭った。

 引いて守るクリスタル・パレスブロックマンチェスター・Uは崩すことが出来ず、スコアレスでハーフタイムに突入した。

 前半にはビルドアップで苦戦していたクリスタル・パレスだが、最前線のクリスティアン・ベンテケへのシンプルロングボールを使い始める。チャンスを迎えたのは59分、FKのこぼれ球をアンドロスタウンゼントが狙うもわずかに枠を左にそれた。

 後半に入ってからなかなかチャンスを作れないマンチェスター・Uは、スコット・マクトミネイとダニエルジェームズを次々に投入して活性化を図る。

 すると78分、ショークロスを中央でフリーになったジェームズが頭で合わせたが、上手くミート出来なかった。

 さらに81分、バイタルエリアボールを受けたグリーンウッドが左足で強引にシュートしたが、わずかにゴールを越えた。

 89分、クリスタル・パレスチャンスが到来。左サイドを上がってきたパトリックファン・アーンホルトがスルーパスに反応。GKと1対1の局面を迎えたが、ディーン・ヘンダーソンが好セーブ。結局オフサイドとなったが、惜しいチャンスとなった。

 そのまま試合は終了。マンチェスター・Uにとっては首位マンチェスター・Cとの激突を前に手痛いドローとなった。

スコア
クリスタル・パレス 0ー0 マンチェスター・U

マンチェスター・Uとクリスタル・パレスはドロー [写真]=Getty Images