「え?」

「やってないよ!」

「矛盾してるよ!」

 1月末、東京高裁で開かれた2審の判決公判で、大手出版社「講談社」でマンガ誌「モーニング」編集部次長として勤務していた朴鐘顕(パクチョンヒョン)被告(45)は、大きな声でそう訴えた。法廷で、懲役11年の実刑判決を言い渡されたのだ。

 刑事裁判では、有罪判決が言い渡される際にじっと無言を貫く被告が多い。その中にあって、まるで子供のように騒ぎ立てる彼の姿は異様だった。

 朴被告は京都大学法学部を卒業後、1999年講談社に入社。週刊マガジン編集部などで、アニメ化ゲーム化もされた「七つの大罪」(講談社)をはじめ数々の人気漫画を立ち上げ、社内では将来の役員候補とまで期待されていたという。プライベートでは2007年に結婚し、4人の子宝に恵まれた。

「階段から落ちた」から「首を吊った」に説明を一転

 事件が発生したのは、講談社本社にほど近い文京区の朴被告の自宅だった。2016年8月9日未明、朴被告は自ら119番通報。駆けつけた救急隊員は1階の階段で心肺停止の状態で倒れていた朴被告の妻、佳菜子さん(当時38)を発見し救急搬送。佳菜子さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

「朴被告は当初、警視庁の調べに『妻は階段から落ちてしまった』と供述していました。しかし司法解剖の結果、佳菜子さんの死因は頸部圧迫による窒息死だったことが判明。すると朴被告は『妻は階段の手すりでジャケットを巻きつけて首を吊った』と説明を一転させたのです。

 しかし1階にある寝室で、佳菜子さんの尿反応と血液が混じった唾液が検出された。佳菜子さんが絞殺されたことを示す物証が次々見つかったのです」(大手紙社会部記者)


 捜査内容と朴被告の説明には矛盾が生じ続け、佳菜子さんの死から5カ月後の2017年1月10日警視庁は朴被告を殺人容疑で逮捕した。自殺だと主張し真っ向から否認する朴被告の姿勢は崩れず、裁判の準備には多くの時間を費やしたという。

法廷で喚き、裁判長から「座ってください」

 2019年2月19日、東京地裁で開かれた裁判員裁判の初公判で朴被告は無罪を主張。弁護側は「朴被告が殺したのではなく、自殺だ」と訴え、朴被告の供述の変遷については「子供に自殺を隠すためにウソをついた」と釈明した。

 しかし検察側の主張は全く異なるものとなった。

「検察側は、朴被告は1階の布団の上で佳菜子さんを絞殺して、隠蔽のため階段から突き落としたと主張しました。動機については『育児や家事について不満を言われたり、母親をけなされたりしたことから突発的な殺意を抱いて首を圧迫して殺害した』と説明しています。佳菜子さんは朴被告からのDVを、過去に警察へ相談したこともあった。もともと頭に血が上ると手を上げてしまうタイプだったんでしょう」(同前)

 弁護側は佳菜子さんが育児ノイローゼだったと指摘して自殺を主張したが、国民から選ばれた裁判員に響くことはなく、1審判決は検察側に軍配があがった。

「そして同年3月6日の判決公判で、守下実裁判長は朴被告の主張は『説得力がない』と切り捨てました。その上で犯行については『危険で悪質だ』として懲役11年(求刑懲役15年)の実刑判決を言い渡した。朴被告はこのときも『間違っている』などと法廷で喚き散らし、守下裁判長から『座ってください』などとたしなめられていましたよ。朴被告側は不服であるとして、翌日に控訴しています」(同前)

 朴被告をめぐっては、同月27日、東京地裁が異例となる保釈の決定をしている。殺人罪の有罪判決を受けた被告の保釈が認められるケースは初めてに等しく、「殺人犯を外に出すのか」と言わんばかりに大手マスコミが批判的に報じた。

講談社は朴被告に寄り添う姿勢

「世論を鑑みて、東京高裁は保釈を取り消しましたが、この件で、朴被告側は控訴審での逆転勝訴に一縷の望みを見出したところもあったようです。しかし今年1月末の判決で中里智美裁判長は『自殺の現実的な可能性はない』と切り捨て、控訴を棄却しました」(同前)

 2審でも実刑判決が下ったが、これまで休職中として敏腕編集者の裁判を見守ってきた講談社は《社員は上告の意向を表明しており、今後の推移を見守りつつ、社として慎重に対処してまいります》とコメントし、最後まで朴被告に寄り添う姿勢を見せている。

「11年の実刑判決は比較的重いといえるでしょう。裁判所側は子供のように法廷で騒ぎ、無罪を主張する朴被告の態度をみて、反省していないと考えているのではないでしょうか。最高裁で『無罪』を勝ち取ることは、よほどのことがない限りは無理でしょうね」(同前)

 朴被告は亡くなった佳菜子さんと残された子供たちに今、どのような思いを抱いているのだろうか。

(西川 義経/Webオリジナル(特集班))

朴鐘顕被告