セリアのキッチンダスター

台拭きやちょっとした掃除に便利なのが使い捨てタイプダスター

セリアのキッチンダスターは40枚入りで100円コスパが良く、破れにくくしっかりしているので愛用しています。ティッシュペーパーとほぼ同じサイズなので、気になったときにちょこっと掃除ができ、惜しげなく捨てられるところも気に入っています」

実際に愛用する日刊住まいライターが、どんなところが優れているのか、詳しく語ります。

使い捨ての雑巾の感覚で!セリアのキッチンダスター(40枚入り)で家じゅう掃除

使い捨ての雑巾のような感覚で使えるセリアのキッチンダスター

セリアのキッチンダスターの中身

材質はレーヨン30%、ポリエステル70%の不織布です。サイズは約20×20cmで40枚入り。柄入りのタイプもありますが、筆者はこちらの無地のタイプを愛用しています。

セリアのキッチンダスターとティッシュを比較

右がティッシュペーパーで左がダスターティッシュペーパーとほぼ同じサイズなので扱いやすいです。ティッシュと違って破れにくくしっかりしているので、から拭きはもちろん、洗って何度か使用することもできます。

価格が手頃なこともあり、使い捨ての雑巾のような感覚で、汚れの気になる場所を気軽に掃除しています。

セリアのキッチンダスターを扉裏に貼り付けて使用

筆者宅では、よく掃除する場所の近くにある扉裏に両面テープで貼り付けています。使いたいサイズカットしたり、折りたたんだりする面倒な手間がなく、気軽に取り出せるので、掃除のハードルがぐっと下がります。

キッチンのちょっとした汚れに

セリアのキッチンダスターで冷蔵庫を掃除

冷蔵庫の野菜室に落ちている土汚れや、調味料の汚れなどはキッチンダスターを使って掃除しています。その後軽く洗って、ついでに冷蔵庫全体を掃除すれば、庫内をいつも清潔に保つことができます。

ケチャップなどの落ちにくい汚れが付いてしまっても、使い捨てなので、洗ったり干したりする手間がいりません。ほかにも調理後の床掃除に使ったり、電子レンジの軽い汚れの掃除などにも活用しています。

トイレブラシ代わりに

セリアのキッチンダスターをトイレ掃除に

筆者宅ではトイレ掃除にトイレブラシを使いません。使うのはゴム手袋とキッチンダスターです。少量の中性洗剤をキッチンダスタースプレーして掃除し、終わったらゴム手袋と一緒にゴミ箱に捨てるだけ。

トイレブラシを手入する必要がなく、気軽にトイレ掃除ができるようになりました。取り出しやすいように、セリアプルアウトボックスに収納しています。

洗面所のホコリや洗剤の液だれに

セリアのキッチンダスターで洗面所の出窓を掃除

どうしてもホコリや汚れが目立ちやすいのが洗面所。洗剤の液だれなども起こりがち。そんなときはキッチンダスターを軽く水で濡らして、さっと拭き取ってしまいます。ついでに洗濯機や換気口なども掃除してしまえば、時短にもつながります。

爪楊枝と組み合わせてサッシなどの掃除に

爪楊枝と組み合わせてサッシなどを掃除

薄くて扱いやすいので、サッシなどの掃除にもぴったり。写真のように爪楊枝と組み合わせると細かい溝に入り込んだ汚れなども取りやすくなります。筆者は先に窓ガラスを拭いてからサッシの掃除をして、そのまま捨ててしまいます。

セリアのキッチンダスターは薄くて軽いので、頑固な汚れをこすり落とすのは向いていませんが、ちょっとした汚れやすき間掃除に最適だと思います。小さな汚れをこまめに掃除しておけば、結果的に頑固な汚れの防止につながります。

ダスターの手入れが面倒でつい掃除を先延ばしにしてしまう、という方は試してみてください。

IMG_6850