今回紹介したいのは、やもブロックちゃんねるさんが投稿した『【LEGO】レゴで変なロボット作ってみた【琴葉茜】』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

レゴで変なロボット作ってみました。


 廃墟でうずくまるレゴのロボット

 ぐぐっと立ち上がるとヒョロリと大きい。こちらのロボットは、可動域や人間と似せた骨格にこだわり、やもさんの好みに作ったそうです。

 気をつけの姿勢ではこんな感じ。人間サイズの設定です。

 当初は頭蓋骨のような頭を考えていたそうですが……

 しっくりこず単眼カメラの古き良きロボットに。ノスタルジーあるデザインですね。

 チャームポイントは指先にポッチプレートを使った大きな手。グーチョキパーができるそうです。

 胴体は背骨がメインになっています。2本のチューブで動きを調整し、人間っぽい構造の背骨を支えました。

 レゴで関節を作ると、いかに保持力を確保するかが問題になります。そのため膝と足首は棒をダンパーにして補強しました。

 人間の骨格のこだわっただけあり、正座や体育座りも可能です。

 作業用ロボットとして作られたものの、何らかの理由で無人の廃墟をさまよっている、という設定のロボット。人間っぽさとロボットらしさを表現したその動きを、ぜひ動画でご覧ください。

視聴者コメント

ウォーリー
・立つとでけぇ
・背骨いいなぁ
・飾りじゃなくてちゃんと構造になってるのが良い
チューブいいね
・実にメカニカル
・いいね

▼動画はこちらから視聴できます

【LEGO】レゴで変なロボット作ってみた【琴葉茜】

―あわせて読みたい―

中古で“得体の知れないレゴ”を購入し組み立てた結果…説明書無し&パーツ不足ありながらカッコイイ作品が完成し「掘り出し物だな」の声

レゴで“コンセント”作ってみた! 生活感ある3口タップや懐かしのファミコン用ACアダプターまで再現し「かわいいなw」「じわる」の声