キツネタヌキって昔話では定番の動物たちであり、よくライバルとしても描かれています。しかし実際はどうなのか……。北海道北見市にある北きつね牧場で激写された見事なキツネタヌキの写真に、見た人たちが興味津々です。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 「たぬききつねに変わるまで・・・ 逆もあり?」と、ハッシュタグがいくつか付いた1枚の写真がツイッターに投稿されています。真っ白雪景色の中、左端にはきれいな黄色の毛色のキツネ、右端には先頭にいて後ろを振り返っている黒焦げ茶色のタヌキ。そして真ん中には……タヌキみたいな黒っぽい焦げ茶色をしたキツネが。

 左端のキツネは冬毛のモフモフした状態でもスラリとした足を見せるかのように後ろ脚を伸ばしています。真ん中のキツネは、若干下向き加減に座っている様子。そんな2匹のキツネたちを見守るかのように、先頭のタヌキが振り返ってみているような感じです。

 こうやって見ると、足の長さがずいぶん違うように見えるなぁ、とつい思ってしまう筆者。そして真ん中のキツネの体毛が黒っぽく、タヌキに近く見えるからこそ変身っぽさを感じるような写真になっている事を感じ取れます。

 そんな様子を見た人たちからは、「タヌキの表情が絶妙」「見事な等間隔!」「素敵な化けっぷり……」などなど、なかなかレアな並び方を喜ぶ声が続出。

 北きつね牧場の担当さんにたずねてみたところ、左から、ノン(オス・キタキツネ)、テン(オス・十字狐)、ポンタ(オス・エゾタヌキ)という並び。ノンとテンは毛色は違います2020年まれの兄弟との事。同じ兄弟でも片方の親の血が違うとずいぶんと変わるものなんだなぁ、と不思議に思えてしまいます。

 キタキツネとエゾタヌキが放し飼いエリアで一緒に生活している日本唯一の動物園である北きつね牧場は、こうしたキツネタヌキ仲良しな場面をちょくちょく見かけるようで、キツネタヌキが寄り添って寝ている事もあるのだとか。ただ、人間界でも気が合う・合わない人がいるのと同様、キツネタヌキたちも気が合わない同士がいるようです。

 野生の環境では、こうした光景は恐らくなかなか見る事はないかと思いますが、同じエリアで常に生活している寒さに強いキツネタヌキが並んでいる姿を見かけるのは、北きつね牧場ならではの風景、といったところですね。

<記事化協力>
きつね牧場【公式】さん(@kitakitsunefarm)

(梓川みいな)

タヌキがキツネに変身? 北きつね牧場で撮られた奇跡のスリーショット