2021年3月6日(土)から、東京芸術劇場プレイハウスにてブロードウェイオリジナルミュージカルBARNUM』が開幕した。
本作は、19世紀半ばのアメリカで大きな成功を収めた興行師、P.T.バーナムの半生を描いた作品。ブロードウェイでの上演後、ロンドンでも上演され人気となった。今回が日本初上演となる。主人公P・T・バーナム役を加藤和樹が、そしてその妻チャイリー役を朝夏まなとが務める。本作のゲネプロの模様をお伝えしよう。
この日は、Wキャストのうち、フランク莉奈がジェニー・リンド役、原嘉孝がエイモス・スカダ―役を務めた。

あらすじ
バーナムの興行師としての人生は、「ジョイス・ヘス」という女性を”世界最高齢の160歳“として売り出すことから始まる。彼の誇大な広告や作り話によって、見世物の興行は成功をおさめるが、妻のチャイリーは人々をだますような仕事ではなく、社会的に尊敬されるような安定した職に就くことを望んでいた。しかし、見世物こそが自分の世界に彩りを与えてくれるのだと考えているバーナムは、博物館を経営したり、世界で最も小さい男「トム・サム将軍」といった話題性のある見世物を手掛けることによってますます有名になっていく。
その後スウェーデン人のオペラ歌手であるジェニー・リンドと契約した彼は、すっかり彼女に熱中し、チャイリーを置いて彼女とともにツアーへと旅立つ。公演は大成功となり、ジェニーとの距離も縮まる中、バーナムはふと愛する妻が共にいない生活への虚しさを感じ、ジェニーのそばを離れる。チャイリーの元に戻った彼は、時計工場で働いたり、ついには市長に選ばれたりと、彼女が望む通りの安定した生活を送ることになるが、そんな生活にも突如終わりが訪れ…
バーナムは再び、自らの才能をショーの世界で生かそうと決意するのだった…。


ステージは思いのほかシンプルな作りで、奥に設置された壁は様々なところが開き、登場人物やセットが現れたり、サーカスの映像や道化師に扮したフィリップ・エマールが映し出されたりしていた。

作品の見どころは様々なジャグリング。そして聴きどころはやはり歌の美しさ。時には加藤がタップダンスを踏む姿も楽しめた。加藤が踊りながら見事に歌い上げる様を見るにつけ、この数年で格段にその技術が高まったように感じられた。また朝夏に至ってはもっと踊りながら歌い上げる場面が欲しいくらいだった。

加藤、朝夏以外のキャストで目を奪われたのは矢田悠祐。藤岡正明の無念の降板を受け、急きょ3役を演じることになった矢田はストーリーテラー、ジェームズ・A・ベイリー、親指トム将軍と巧みに役どころを変えて大活躍。そしてもう一人、原嘉孝(ジャニーズJr.)の存在も忘れてはいけない。原も直近の作品で急遽主役を務めることになり、全身全霊でそれをやり遂げた結果が今回演じるエイモス・スカダー役に見事に反映されていると感じられた。

バーナム夫妻が、まるでコインの表と裏のように常に真逆の思考回路で物事を判断してはいるが、そうであっても尊敬しあい、愛し続けている姿が何度も描かれる本作。こんな夫婦の関係も悪くない、いやむしろ微笑ましいと思わせてくれた。
惜しむらくは、感染症対策を考慮した映像によるサーカスシーンの展開。もしコロナ禍がなかったらステージ上で本物のサーカスが披露されたのでは……それが実現できなかった今回は何とも残念。いつか世の中が落ち着いたら本当の『BARNUM』を披露してほしいと願うばかりだ。

初日に向けてキャストからコメントが寄せられたので紹介しよう。

加藤和樹
舞台に立てるということが当たり前ではないと感じる今、無事、初日を迎え、キャストスタッフの思いを一つにこの場を迎えらました。明日がどうなるか分からない日々ですが、自分たちのやってきたことを信じて、P.T.バーナム同様に人に喜びを与えられるような作品を千穐楽まで作り上げたいです。

朝夏まなと
いよいよ開幕です。サーカスというエンタメを実現させるための、くじけない心、それを支える立場。私にも通じるところもあって、みんなのエネルギーも爆発しています!劇場でお待ちしています。

■矢田悠祐
本作はバーナムの人生のアルバムパラパラめくり、その中の写真1枚1枚がショーになっているようなミュージカルだと思います。それぞれの曲に、その時代のバーナムのストーリーが込められていて、なおかつ、ハッピーで明るい曲ばかりですので、ぜひ劇場まで足を運んでいただいて、このハッピーオーラをどんどん持ち帰っていただければと思います。劇場でお待ちしております。

フランク莉奈
コロナ禍になってから、たくさんのものが世界から奪われてしまいました。私自身、気力のすべてがなくなった日もありました。ですが生涯をかけて夢を追うバーナムの姿を見ていると、どんな時でも希望を捨ててはいけないという勇気をもらえます。みなさまに笑顔になっていただける作品になっているので、ぜひお届けできたらうれしいです。一緒に夢の世界に行きましょう!

■綿引さやか
早くお客様とこの舞台の幕を開けたくてワクワクしています! 心躍るエネルギーに満ち溢れた音楽、パフォーマンス、そして物語。お客様に笑顔になっていただけること間違いなしの作品です。新しい春の訪れとともに、この作品が皆さまの心にたくさんの幸せをお届けできるよう、私たちも心を込めて舞台に立たせていただきます!

■原嘉孝
個人的には、本格的なミュージカルに挑戦するのは初めてです。稽古中から皆さんの熱量に圧倒され、プレッシャーを感じていますが、同時にワクワクを隠しきれません。ずっと夢見てたミュージカルの舞台。自分も作品の一部となって、キャストの皆さんと歌のパワーエンタメの素晴らしさを客席に届けられるよう頑張ります!

■内海啓貴
コロナ禍でこのミュージカル『バーナム』をお届けできることが奇跡だと思っています。夢を追うP.Tバーナムの姿に僕自身何度も勇気づけられて救われました。「どのように人を惹きつけて、楽しませるか。」バーナムが作中ずっと思い続けていることを胸に、千秋楽まで問い続けて、観に来て下さるお客様に夢のようなグレイテストショーをお届けしたいです!

■中尾ミエ
このコロナ禍を吹き飛ばす元気の出るミュージカルです。若さは素晴らしい! 皆さまも元気を吸い取ってお帰りくださいませ!

なお、幕間にはステージ上でフィリップ・エマールと、パフォーマー石田純一による素晴らしいジャグリングが映像披露される。フィリップはこの作品を最後に日本を離れ母国に帰ってしまうため、これがラストパフォーマンスとなる。ぜひお見逃しなく!

取材・文=こむらさき

ミュージカル『BARNUM』舞台写真