スペインゲームパブリッシャー/開発会社JanduSoftは、『P.T.』に強く影響を受けたホラーゲームEvil Inside』を現地時間3月25日リリースすることを発表した。対応プラットフォームはPlayStation 5PlayStation 4PC(Steam)Steamではゲームの序盤を無料で体験できるプロローグ版も配信中だ。
 Steam版は日本語には未対応。コンソール版が日本でも発売されるかどうかは不明だ。

 『Evil Inside』の主人公は、母親が死に父親は刑務所へと入ったことで家に幼い弟とふたりで残された少年マークだ。彼は死んだ母親と会話するため、ウィジャ盤を使う。しかし、ウィジャ盤は突如爆発。断片となって家中に散らばってしまう。ショックで気を失ったマークだったが、目覚めるとともに恐ろしい事件に巻き込まれたことを知ることになる。

 ゲームの目的は彼の住む家を歩き回りながら、断片になったウィジャ盤の断片を集めることだ。ウィジャ盤を通してもう一度死んだ母親と出会い、優しい父親がなぜ逮捕されることになったのか、この家で起きた惨劇の真実を暴かなければならない。

(画像はSteam『Evil Inside』より)
(画像はSteam『Evil Inside』より)

 本作は何度も同じ廊下を歩きながら、そのたびに少しずつ室内の様子が変わってくる。吹き抜けのある廊下や誰とも知れない女性の幽霊なども含め、前述の通り『P.T.』に強く影響を受けたゲームだ。大きく異なるのは、家の中に主人公以外にもうひとりの生存者である小さな弟もいる点だ。
 マークを苦しめるビジョンの中には、小さな赤ん坊を直接的に想起させるものもある。こういった恐れの中にも、ゲームの謎を解くヒントがあるかもしれない。

 フォロワーゲームではあるが主要な目的は『P.T.』よりは直接的で、ウィジャ盤の断片を集めるためにさまざまな謎を解くというものになっている。さまざまな場面で襲いかかるジャンプスケア(突然現れてびっくりさせる演出)に驚きながら、キーを探したりダイヤル錠を開けたりして先へと進もう。

(画像はSteam『Evil Inside』より)
(画像はSteam『Evil Inside』より)

 『Evil Inside』はPS5PS4、PCにて現地時間3月25日発売予定だ。興味がある方は、Steamウィッシュリストに入れて発売を待ってほしい。

Steam:Evil Insideはこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。