カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

捨てられた後も他の人を寄せ付けず元の飼い主を待ち続けていた母犬


 犬は最初に飼われた家族のことを忘れないという。例え家族から捨てられた後であってもだ。

 南東ヨーロッパセルビア共和国で、3匹の子犬を出産したばかりの母犬が、小犬と共に道端に捨てられていた。飼い主に置き去りにされたのだ。

 母犬は、助けの手を差し伸べようとする人たちを次々と拒否した。元の飼い主が戻って来るのを信じてずっと待ち続けていたのだ。だが残念ながらそれが叶うことはなかった。 

【母犬と3匹の子犬が捨てられる】


Dog mama with a broken heart waits for her owner to come back | Dog Rescue Shelter

 セルビアで、道端の草むらに、生まれたばかりと見られる3匹の小さな子犬と母犬がいるのが発見されたのは2020年の5月のこと。

 見かけた人々は、飼い主に捨てられた犬たちをかわいそうに思い、餌を与えようとしたが、母犬は拒否して近づく人に唸り声をあげた。

 母犬は、飼い主が戻って来るのをひたすら待ち続けているようだった。

 そこである発見者は、プロの手にゆだねようと非営利団体の動物救済保護施設『Dog Rescue Shelter Mladenovac』に連絡をすることに。

 保護犬の扱いに慣れたスタッフが怖がらせないように接すると、母犬は吠えるのを止め、少し落ち着いた様子を見せた。

 数日間、1匹で頑張って子育てをしていた母犬だがそろそろ限界が近づいてきたのかもしれない。待てど暮らせど元の飼い主は戻ってこない。

 母犬は施設スタッフに身をゆだねる決断をしたようだ。

2_e

施設スタッフに身をゆだねる決心をした母犬

 誰からの餌も受け取らなかった母犬はとても空腹だったため、スタッフから与えられた餌をその場で残さず食べた。

 スタッフはそんな犬の姿を見て心を痛めた。まだ目が開いていない生まれて間もない子犬3匹と母犬を保護すると、施設へと連れ帰った。

3_e


 モリ(Moli)と名付けられた母犬は、施設で3匹の我が子と温かい生活を手に入れた。

 この施設では、保護した動物たちの養子縁組も支援を受けて積極的に行っているが、現在はおよそ犬350匹と猫20匹が施設で暮らしていて、新しい飼い主を待っている。

 施設側は、「捨てられた母犬の痛みが私たちに伝わってきました。犬は例え捨てられても、飼い主を慕い待ち続けるのです」と綴っている。

4_e


 餌も食べずに子供たちに乳を与えていた母犬はギリギリの状態だったのだろう。それでも飼い主に忠実な母犬は戻ってくることを信じて待ち続けた。ここで待っててと言われていたのかもしれない。

 やせ細った母犬の限界はすぐそこまで来ていた。そこにやさしい施設のスタッフがやってきたことで決心がついたようだ。この人たちを信じようと。

 この母犬と子犬が、どういう事情で飼い主に置き去りにされたのかはわからないが、次こそは安心してずっと一緒ににられる飼い主と巡り合えるといいな。

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

動物・鳥類の記事をもっと見る

ドナルドダックに似てる!?ウサギのかわいいくしゃみの音を聞いてみよう(要音声) - カラパイア

今週のベストペットたち~もうすぐ春!一足先にあったか気分で眠りにつこう(カメレオン出演中) - カラパイア

猫のキャットジャック再び!屋根に居座り特急列車を止め、2時間半後にようやく降りる(イギリス) - カラパイア

手術を終えたばかりで元気のない馬を懸命に励まそうとする犬 - カラパイア

子犬と共に捨てられた母犬、他の人を寄せ付けず元の飼い主が戻ってくるのを信じて待ち続けていた(セルビア)