ビヨンセが、2021年3月5日に13歳で亡くなったリリックシャネルLyric Chanel)というファン女の子のために、彼女の笑顔の写真や踊っている姿を捉えたホームビデオなどをモンタージュにした追悼動画を自身のウェブサイトで公開した。

 リリックは、脳の癌と退形成性上衣腫(anaplastic ependymoma)という難病と闘っていた。彼女の2年間の闘病生活を家族が記録していたインスタグラムアカウントは60万人のフォロワーを抱え、カーディ・Bやビヨンセなどのセレブの目にも留まっていた。

 公開されたトリビュート映像でビヨンセは、「ブラウン・スキン・ガール」、「ヘイロー」、「ラヴ・オン・トップ」のスペシャルメドレーアカペラで歌っている。「ラヴ・オン・トップ」の最後の方で彼女は、歌詞の“baby”にあたる部分を“Lyric”に変えて歌い、歌い終わると、「心から愛しています」と語りかけている。

 昨年9月にビヨンセは、リリックが「ラヴ・オン・トップ」を歌っている過去の動画を投稿したことを受けて、ゴージャスな白い花束と心のこもったカードを彼女に贈っていた。

ビヨンセ、難病で亡くなった若いファンへの追悼動画を公開