『世界国際女性デー』であるほか、日本においては『サバの日』でもある3月8日

農林水産省Twitter担当者は、サバの日に合わせてネクタイの柄をサバ模様にしたことを報告しています。

しかし、職場の人間からネクタイツッコミが入ってしまったのだとか。

そのツッコミが、あまりにも農林水産省らしさにあふれているとして、ネット上で反響を呼んでいます。

一般人からしてみれば、なんとなくサバと認識できるものの、農林水産省の人間はさらに上をいっていました。

国産なら、マサバかゴマサバの柄だろ!

柄だけで国産か否かを見分けるほどの知識たるや…「さすが」のひと言。

おしゃれ以上に、国産にこだわる点や模様で見分けるのは農林水産省の人間ならではでしょう。

素人にはレベルが高いツッコミ内容に、さまざまなコメントが寄せられています。

・裏でシメられてシメサバに…。

・さすがやな。まったく模様が分からん。

・資源保護の観点で、国産ではなくタイセイヨウサバにしました…とか?

柄だけで見分けるのは、魚類学者でタレントさかなクンか、農林水産省の人間ぐらいでしょう。

国産への愛にあふれたツッコミに、農林水産省への思いを深めた人が続出したようです!


[文・構成/grape編集部]

出典
@MAFF_JAPAN
※写真はイメージ