【この記事の動画を見る】

出生時から両耳に障がいがあった生後11か月の男児が先月10日、生まれて初めて音楽を聴いた。その時の様子は母親によって動画に収められ、『ABC News』『KFOR.com』などが伝えて拡散し、人々に笑顔を届けている。

米バージニアクリフトン・フォージに住む生後11か月のマニング・ジェイムズ・ロルダン君(Manning James Roldan)は昨年12月30日、右耳の人工内耳の手術を受けた。

マニング君は両耳に聴覚障がいを持って生まれ、生後5週の時に「大きな音は聞こえるが、人とのコミュニケーションができない。蝸牛の代わりをしてくれる人工臓器『人工内耳』が必要である」との診断がなされた。

マニング君はその後、約7か月の準備期間を経て右耳の手術を受け、1月中旬に初めて音を耳にし、3週間後には生まれて初めて音楽を聴いた。

2月10日にマニング君が初めて聴いた音楽は、大好きなテレビアニメ『マペットベイビーズ(原題)』のテーマ曲で、この時の様子は母ノエルブラントリーさん(Noelle Brantley)によって動画に収められた。

動画ではソファーにつかまり立ちするマニング君が、背後に置かれたテレビをじっと見ており、音楽がスタートすると身体を上下に動かしてダンスを始める。これまでアニメの映像を見るだけだったマニング君だが、初めての音楽に声を出し、キュートな笑顔を見せている。

ノエルさんはこの時のマニング君について、次のように語った。

赤ちゃんが音楽を聴いてダンスするって、ほとんどの人にとっては決して特別なことではないでしょうね。でも私にとっては信じられないほど素晴らしいことで、マニングの嬉しそうな笑顔を見て涙が止まりませんでした。誰かが大きな声で笑ったら、マニングも笑う。そんなことができるようになることを、私はずっと待ち望んでいたのです。だからあの瞬間は一生忘れることがないでしょうね。」

なお人工内耳は手術前に何度も検査やテストを重ね、手術後にも定期的な調整やリハビリが必要だという。それでもマニング君の手術後の回復は目覚ましいものがあり、1歳の誕生日直前の3月24日には左耳の人工内耳の手術を予定しているそうだ。

ノエルさんはマニング君の動画が拡散していることについて、「こんな時代に息子が多くの人を笑顔にしていることをとても嬉しく思います」と述べ、こう続けた。

メディカルスタッフには本当に感謝しています。マニングはいつもハッピー赤ちゃんですが、人工内耳により我が家では今まで以上に明るい笑い声が響いています。兄メイソンとも楽しく遊んでおり、今後の成長が楽しみです。」

画像は『Noelle Brantley 2021年2月11日FacebookTHIS RIGHT HERE!!!…」、2021年1月2日Facebook2021年1月23日Facebook「01/19/21」、2021年2月5日Facebook』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト