令和3 年3 月、特定⾮営利活動法人日本乗馬普及協会を設立いたしました。なお、特定⾮営利活動法人日本乗馬普及協会はサンクスホースラットフォームのプラットフォーパートナー及び豊橋市SDGs推進パートナーになりましたので合わせて発表いたします。

Thanks Horse platform
豊橋市SDGs推進パートナー
日本では毎年約7,000 頭のサラブレッドが生産され、その多くが競走馬になります。サラブレッドの寿命は約25 歳前後と言われていますが、多くのサラブレッド競走馬としての仕事を5歳前後で終えることになります。

そのため、彼らの再就職について社会的な課題になっています。引退後のサラブレッドが暮らすためには飼料費や管理費等を必要とするため、引退後の行方が分からなくなることがあるという現実があります。

私たちは彼らと持続的に共存していくためには彼らの"働く場所と機会"をもっと増やす必要があると考えています。引退競走馬の主な再就職は"乗馬"です。私たちは彼らの価値を高め、今まで以上に尊重される存在にしていくための活動を継続的に行い、持続可能な引退競走馬の活躍促進を目的として『乗馬の普及活動』を開始いたします。

今後私たちは一人でも多くの方に乗馬の魅力を伝え、引退競走馬の価値を高める努力を行い、彼らの再就職先を増やしてまいります。そしていつか「未来の人」「未来の馬」にこの活動を托すことができるよう組織としての仕組みづくりを開始するためにこの法人を設立いたしました。
日本乗馬普及協会で支援中の引退競走馬ゲヴュルツ。引退競走馬ながらセカンドキャリアとして馬術大会に挑戦中。5歳のサラブレッド。

また、法人設立を機会に特定⾮営利活動法人日本乗馬普及協会では活動を支えていただけるパートナー様の募集を開始いたします。活動にご賛同いただけるパートナー様に法人・個人は問いませんのでお気軽にお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
※なお、パートナー様はフリーマガジン『馬旅』に掲載させていただくことも可能です。
※公式サイトのお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

特定非営利活動法人日本乗馬普及協会

特定⾮営利活動法人日本乗馬普及協会の主な事業概要
フリーマガジン『馬旅』の発行
※全国の乗馬クラブや公立図書館、教育機関、観光施設等で無償配布しています。
◼みんなで引退競走馬を育てよう『馬旅倶楽部』の運営
※引退競走馬セカンドキャリアを支援しています。現在支援中のゲヴュルツは引退競走馬ながらセカンドキャリアとして馬術大会に挑戦しています。

フリーマガジン 『馬旅』春号の表紙 令和3年4月発行
ウェブサイトについて】
◽︎特定非営利活動法人日本乗馬普及協会
パートナーに関すること、取材等につきましてはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
URLhttps://nihonjoba.org/
◽︎フリーマガジン『馬旅』
URLhttps://www.umatabi-joba.com/
◽︎みんなで引退競走馬を育てよう『馬旅倶楽部』
URLhttps://community.camp-fire.jp/projects/view/204113

配信元企業:特定非営利活動法人日本乗馬普及協会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ