「お父さんを、返してぇ~……、お父さんを返してくださいよぉ~ー!」オウム裁判で語られた遺族の思い から続く

 1995年3月、地下鉄サリン事件が世間を震撼させた。事件から2日後の3月22日に、警視庁オウム真理教に対する強制捜査を実施し、やがて教団の犯した事件に関与した信者が次々と逮捕された。

 裁判での信者たちの振る舞いは様々だった。傍聴したジャーナリスト・青沼陽一郎氏の著書『私が見た21の死刑判決』(文春新書)から一部を抜粋して紹介する。(全2回中の2回目。前編を読む)

◆◆◆

利用された純真さ

 林郁夫はとにかくよくしゃべった。事実関係、反省の弁もさることながら、教団や教祖に対する持論の展開から、黙秘を貫く共犯者への説教まで、とにかく切々と捲し立てた。それが、自分にできる正しいことなのだという自負もどこかにあった。

 それが、自首をした彼の純真な気持ちであるというのならば、それは教団での違法活動を救済であると信じて地下鉄サリンを撒いた純真さと、いったいどこが違うのだろうか。清く正しくありたいという気持ちが、教団への入信を誘ったのなら、同じ気持ちで証言に臨む林郁夫とは、どこに違いがあるのだろうか。純真であろうという本質的なところでは、何も変わらないようにさえ思う。

 それでも、結果がすべてである。同時多発的なテロ計画において、ひとりでも欠けたら事件の完遂はなし得なかったのだから、死者12人全員に共謀共同正犯としての責任を負うものだとするならば、横山は実行行為者として純真に作戦を敢行したことになる。他の共犯者と共同歩調をとって、自分がミスをすることなく誠実に決行に至った。それでも、結果としてサリン袋のひとつに穴を開け損なっている。

 むしろ、そうした純真さを教団は利用していたのではなかったか。

 林郁夫も、その同じ純真さを利用されたのではなかったのか。

 裁判になっても、自分の殻の中に閉じこもっていく横山には、いまもそうした部分は残っているのではないか。それは、自分の価値観に従うことであり、外界に向かって積極的に話しかけるのか、あるいは内に向かって引きこもることなのか。外に向かうにしても、自分の罪を直接感じさせるだけの対象が必要であったのではなかったか。

自首決意のきっかけ

 林郁夫が自白を決意するきっかけのひとつに、取り調べにあたった警察官の心遣いに感銘を受けたこともあったという。後に、当の警察官が林郁夫の法廷で証言したところによると、もともとエリートの心臓外科医であったことや、教団内でも“治療省大臣”と呼ばれる幹部の地位にあったことを加味して、被疑者でありながら林郁夫のことを「先生」という敬称で呼んでいたそうだ。最初は黙秘を貫いていた被告人への対応もあったのだろうが、頭ごなしに悪人扱いはせずに、話しやすい環境を作ることに気を使ったという。よもやその時点で、サリンを撒いた実行犯だとは思ってもみなかったが、そうした対応に林郁夫は心が揺り動かされたと言った。信頼関係が自供を引き出したのだろう。

 しかし、そこでもまた、横山によれば裏切られ続けたことになる。

 因に、林郁夫とまったく同じ戦術をとった岡崎一明の法廷にも、取り調べにあたった神奈川県警の警察官がやってきたことがあった。坂本事件の自白を受けた後に、岡崎を中国に送り出したことについて、「彼ならきっと帰ってくると信じていた」などと証言して、裁判長の顰蹙をかっていた。やはり、担当する警察官の力量の違いがあることは、避けては通れない現実だった。

 そこにもまた横山の不運があったのか。いや、人を殺そうとしておいて、取調官が悪いなんて言い訳にもならない。

 犯行の場面に及んでは、横山に殺意がなかったとはいわない。サリンの毒性を認識していなかったと主張する横山ではあったが、判決では犯行に至るまでの経緯から、犯行状況においてもサリンの毒性の認識はあったとする。2袋のうちの1袋しか穴を開けられなかったことも、横山の能力のなさからきたものなのだろう。判決では、もうひと袋を突こうとしたところで、降車する人の波に押されてうまく突くことができなかったという取り調べ時の調書を引証して(この取り調べが違法なのだと横山は主張していたのだが)、明らかな殺意があったと認定する。

2人の命の責任を被った、ひとりも殺していない人間

 殺意があったのでもよい。しかし、結果的に殺せなかった。殺意があっても、殺すまでに至らなければ、それは殺人未遂だ。未遂で死刑にはならない。

 共同の責任を負うなら、殺人で起訴された送迎役の運転手にだって死刑が適用されてもおかしくない。

 あるいは、同じ苗字でも林泰男のほうが最初に捕まり、自白をして「自首」が認められたのなら、やっぱり死刑は回避されただろうか。彼は、自分の担当路線で8人を殺している。

 その反対に、林郁夫がいくら「自首」をしたところで、もしも8人を殺していたとしたのなら、「無期懲役」の判決を得ることができただろうか。

 いや、タラレバの仮定でなく、結果から判断するというのであれば、冒頭にも触れた岡崎一明に認められた「自首」はどうだろう。結果よりも、そこに行き着くまでの打算的な動機が非難された。反省・悔悟の情が顕著だった林郁夫が同じ裁判長の判断で死刑を回避された。

 それでも、反省・悔悟の情が顕著であり、人格まで評価されながら、林泰男、豊田亨、廣瀬健一は死刑になった。

 だとしたら、口下手であっても横山が彼らと同じように反省の弁を口にしていれば、その担当路線の結果からも、死刑を回避できる可能性はあったのか。もとより、打算的なところは何もない

 ──黙っていたから死刑なのか。

 ここで横山を擁護したり、弁護したりするつもりは毛頭ない。

 ただ、ぼくがみてきた死刑には、自分の仕出かしたことでひとりも殺していなくても、死刑になった人間がいたという結果である。

 それは共犯者の殺した12人の責任を共同に負ったものだ。

 その共犯者のひとりは、理屈でいえば12人を殺しても死刑にならなかったことになる。彼は直接2人を殺したにも拘わらず。

 その2人の命の責任は、ひとりも殺していなかった人間が死刑で被ることになった。

 そこに、合理的な説明が果たしてあっただろうか。

死刑の整合性

 日本の最高裁が示す現行法制下における死刑の選択基準は、以下の9項目(+2条)からなる。

(1)犯罪の性質

(2)動機

(3)殺害方法の執拗性、残虐性

(4)殺害された被害者の数

(5)遺族の被害感情

(6)社会的影響

(7)犯人の年齢

(8)前科

(9)犯行後の情状

 これらに加えて、

「その罪責が誠に重大であって、罪刑の均衡の見地(+1)からも一般予防の見地(+2)からも極刑がやむをえないと認められる場合には、死刑の選択も許されるものといわなければならない」

 と判断したものが、いわゆる「連続ピストル射殺事件」の永山則夫に示した最高裁判決(83年)だった。これがいまでも「永山判決」として、死刑の判断基準となっている。

 これをもとに裁判所は死刑の整合性を判断する。

 たとえば、2人の児童を殺害した畠山鈴香の場合はどうだったか。

 あるいは、同じ2人の命を奪った山口県光市母子殺害事件の場合はどうだったか。

 光市の事件の場合は、これで死刑でないのはおかしい、と最高裁が自ら控訴審へ差し戻している。

 そして、このなかで横山の弁護側がもっとも疑問とするのは、林郁夫と較べた時の「罪刑の均衡の見地」であった。それでも──。

 自らの手でひとりも殺していないはずの横山真人は、2007年7月、最高裁判所によって死刑が確定している。

(青沼 陽一郎/文春新書)

©iStock.com