小学生のときから「女の子っぽい」言動でからかわれ、中学、高校時代に好きになった相手に恋心を伝えられない……。 そんな一人の青年の恋愛と成長を描いたノンフィクションコミック『僕が夫に出会うまで』(原作・七崎良輔、漫画・つきづきよし)。

 一部の話はTwitterで5.1万リツイートされ、「読んで朝から泣きました」「エッセイが元だけあってリアル」「じんわり、切なく、そして、温かい気持ちになりました」と多くの読者の共感を呼びました。累計4,300万PV(2021年2月時点)を突破した、大反響の作品になっています。

担任の先生の一言で、自分は「ふつうの男の子ではない」と気づかされた

 小さい頃から「女の子っぽい」仕草で周囲にからかわれながらも、自分はふつうだと信じて疑わなかった男の子、七崎良輔くん。小学2年生のホームルームの時間で、その考えは打ち砕かれます。

 彼を前に立たせた担任の先生は、

「七崎くんって『オカマ』なのかな? 先生は七崎くんのことを『ふつうの男の子』だと思うんだけど、どうしてみんなは七崎くんのことを『オカマ』って呼ぶのかな?」

 と問いかけます。それに対し、「ふつうの男の子だと思います」「オカマじゃないです」と答えるクラスメイトたち。

 ふつうの男の子であれば、ふつうの男の子であるかなんて議論はされない――。
この経験から、彼は自分が「ふつうの男の子ではない」という考えに縛られ、「ふつうの男の子」を装うようになります。

 クリスマスプレゼントに何が欲しいかを母親に訊かれても、本心を隠すように。本当は魔法少女スティックが欲しかったけれど、それを口にすることはありませんでした。

中学生のときに、初めてできた男友達に恋をした

 中学に進んだ彼は、同級生からいじめを受けるように。クラスメイトから「オカマ」と呼ばれて、辛い日々を過ごします。そんな中、唯一仲良くすることができたのは、隣のクラス転校生・司でした。

 初めて信頼でき、心を開ける友人ができた……。司に会うために学校に通い続けます。

 司は、少年が周囲から「オカマ」と呼ばれていることに疑問をもちながらも、彼と仲良くし続けます。そんな司の態度を嬉しく思いながら、少年は「女だったら、司は僕を異性として好きになってくれたはず」と複雑な思いを抱きます。そんな中、

 司に彼女ができたことを知り、ショックを受けます。二人が別れることを毎日願いながら、「男の僕が男を好きになるのは絶対に変」という確信を強めていきます。

 結局、司と彼女の関係は中学卒業後もしばらく続き、少年は苦すぎる初恋と失恋を経験します。

充実した高校生活。好きな人との温泉は「拷問」だった

 高校生になった彼は、中学時代から一転、男女問わず大勢の友達にめぐまれます。ひょんなことから同級生長谷川こと「ハセ」と仲良くなり、気づいたときには友達以上の関係を望むようになっていました。

 しかし、当然ハセに想いを伝えることはできず……一緒に温泉に入ったときも、ハセの前で変に緊張しないよう、自分が男が好きなことがバレないように耐え続けます。

 温泉の帰り道、友人たちと「恋バナ」で盛り上がります。ハセは自分が「津田さん」という女子生徒が好きなことを認めながらも、「七崎が女だったら、俺たち付き合ってたよな」と言います。

 それは嬉しくもあり、「男のお前とは付き合えない」とはっきり告げられた瞬間でもありました。
 自分が男に生まれたことに悔いはない……けれど、ハセと付き合えない事実に苦しみます。

◆ ◆ ◆

 コミック僕が夫に出会うまで』では、高校卒業後の彼の様子も描いています。単行本は4月22日に全国書店・主要電子書店で発売されます。

 第1話~第3話を読むにはこちらから。母親へのカミングアウトを描いた番外編も公開しています。

 七崎良輔さんによる原作エッセイ『僕が夫に出会うまで』も併せてお楽しみください。

(文春コミック/文春コミック)

『僕が夫に出会うまで』第1話より。© 文藝春秋