ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

100日後に死ぬ 生放送

100日後に死ぬワニ」の完結1周年&映画化をうけてLINE LIVE生放送が行われる予定だった。ただ地震のせいで予定されていた生放送は中止となり、ライブ映像には「本日の配信は中止されました」という絵が映っているだけだった。それにも関わらず視聴者は2万7000人、視聴していると思って来場する人はある程度いるだろうが、それに加えて投げ銭まで行われていた。

30分何もしない放送で投げ銭、しかも放送後30分も視聴者2万7000をキープ

この放送に対して、数字を持っているいわゆるサクラ疑惑が浮上した。裏で工作し盛り上がっているかのように見せているというわけだ。

この件に関して関係者に近しい人に話を聞いたところ「サクラではない、ほとんどがbotだと思う」と語った。いわゆる実際の人ではなくbotを使っている可能性があったという。何も映っていない映像に「いいね」や投げ銭をしていたのも納得だ。

ただ普通に放送していたなら3万人は普通に視聴されていた可能性はあるぞ。

なお映画『100日間生きたワニ』は5月28日公開予定だ。

関連:鬼滅の刃くじに100日後に死ぬワニがハズレとして入れられる
関連:悲報 100日後に死ぬワニの絵本の帯が下方修正されまくっていく様子がおもしろい
関連:ユーキャンが流行語大賞のノミネート30語を発表するも100日後に死ぬワニは選ばれず 「なぜ入れてあげないのか」「フォロワー100万越えの漫画家の作品やぞ」

生放送中止