3月28日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に、モデルみちょぱ(池田美優)が登場。女性週刊誌に掲載された、モデル・俳優の大倉士門との自身初となる熱愛スクープについて真相を語る場面があった。

【写真を見る】「結婚も全然」サンジャポでスクープの真相を語ったみちょぱ

■報道について全て説明「ネタにはしたくないので…」

番組冒頭で司会の田中裕二(爆笑問題)から「今日は全て話していただけると言うことで?」と聞かれると、みちょぱは「全て…最初で最後くらいの気持ちで。あんまりネタにはしたくないっていうのもあるので」と宣言。

田中がまず、大倉と付き合っていることは事実かと聞くと、みちょぱは「はい。記事にある通りです、そこは」と即答し、「3年くらい前にみちょぱからアプローチ」の質問には「まず交際期間が3年っていうのも間違ってて、ちょっと離れてた期間とかも間にあるんで、それ含めてだと5年半くらいは一緒にいる。テレビ出始め?出る前から?」とコメント

「彼のために料理する機会が増えた」の問いには「でもたま〜にです。増えたっていうか、自分1人の分は作らないので、作るときは(彼の分も)それはもちろんですけど、でも今年入っても2〜3回くらいしかしてないですし」と答え、太田光(爆笑問題)から「彼はどんな料理が好きなの?」と聞かれると「でももう決まったオムライスとか?」と言い、太田が「オムライス?それはケチャップでなんか書くの?ハートとか?シモンとか?」と煽ると、みちょぱは爆笑しながら「書いてるかも知んないですね。でもシモンは書かない」と否定。

また「『私が面倒見る』・同棲開始」については、「これもなんかすごい…それで男前だみたいな。言ってくれるのは嬉しいんですけど、そんなこと言ってないし、なんなら、どこまで言っていいか分かんないですけど、1年前くらいから家をずっと探してたんで、一緒に(住む)。だから別に呼び寄せたっていうよりは、本当に一緒にちゃんと。まぁそろそろ。もともとがお互いの家行き来してたくらいだったので、もう別にじゃあそれなら(一緒に)住もうかって話にしたので。だからお互い支え合おうっていう。フリーになったタイミングタイミングだっただけで」と報道の真相を語った。

「お互い何て呼び合っているか」を聞かれると、みちょぱは「ここでしか言わないですけど、外で名前を言うとバレちゃうじゃないですか。『シモン』って名前、なかなかいないから。だから、私も本名あんま知られてないですけど、もう頭文字だけですお互い。(しもんの)『し』、(みちょぱの)『み』だけです。それだけ。だから外にいても『し』って呼んだり、あっちからは『み』って呼ばれるみたいな」と明かした。

■「勘違いしないであげて欲しい」報道で付いたイメージを否定

ここでみちょぱは「ひとつ言いたいのは」と切り出し、「面倒見るってなったから、ちょっとヒモ男だみたいな感じで、めちゃくちゃ勘違いされてるから。そういうのはもう(彼は)一番嫌いなタイプなんで、そこだけちょっと勘違いしないであげて欲しいかなって。お互いちゃんとそれはやってるんで。自分で働いてますし。そこはちょっと本当にかわいそうなんで。本人頑張ってるんで」と、報道で付いてしまったイメージを否定し、彼を擁護した。

また「結婚について考えているか」と聞かれると、「私は全然してもいいと思ってますし」と即答し、続けて「でもそれは、どうなるか分かんないじゃないですか。それはもちろん別れることもあるだろうし」と答え、太田からの「そんな(結婚の)話も出てるの?2人の間で?」の問いには「もう全然、お互いは『早く結婚したいね』って話は全然」と言うと、出演者からは「おー!」の歓声が上がり、太田が「士門くんにちょっとメッセージを」と振ると、みちょぱは恥ずかしそうにカメラ目線で「ちゃんと、ね、なんだろ?ご飯たまにはつくるね」と乙女心満載でメッセージ。周りからは祝福の声が上がった。次回の「サンデー・ジャポン」は4月4日(日)放送予定。

番組MCの爆笑問題/※2006年ザテレビジョン撮影