(田丸 昇:棋士)

JBpressですべての写真や図表を見る

卒業を目前に退学届を提出

 藤井聡太二冠(18=棋聖、王位)が、在学していた名古屋大学教育学部付属高校に、1月末日付で退学届を提出したことが、2月中旬に明らかになった。3月に迎える卒業まで、およそ1ヵ月前のことだった。どんな事情があったのだろうか・・・。

 藤井は2016年(平成28)10月14歳2ヵ月の最年少記録で四段に昇段して棋士になった。その後、公式戦でデビューから負けなしで29連勝の最多記録を達成。昨年には17歳11ヵ月の最年少記録で初タイトルの棋聖を獲得した。また、2017年度から2020年度の公式戦で、8割台の高い勝率を4年連続で挙げている。

 そうした驚異的な活躍によって、タイトル戦などの重要な対局が重なってきた。結果的に高校に通学するのが難しくなり、自主退学ということに至った。

「宿題をするのはマストではない」

 藤井は小学6年生だった2014年12月、中高一貫校である名古屋大学教育学部付属中学への受験を、母親と話し合って決めた。そして、翌年の3月に合格したが、進学塾にはそれ以前から通っていなかった。普段から日課として読んでいた新聞で得た知識や情報が役立ったという。また、司馬遼太郎の長編時代小説『竜馬がゆく』を読破するほどの読書家だった。

 中学の授業で好きな科目は地理と数学。幼少時代には世界の山の標高、海の水深をしっかり覚えた。鉄道の時刻表を片っ端から記憶したのは、数字が好きだったことによる。

 藤井は学校の勉強は優秀だった。しかし、中学生棋士として対局や研究で忙しくなり、宿題を提出しないことがよくあった。職員室に呼ばれて担当教諭に事情を訊かれると、「学校では授業で勉強することがすべて。宿題をするのはプラスアルファ(何かを少し追加する意味)で、マスト(欠かせない意味)ではないと思います」と答えたという。

 中学生が職員室で教諭に詰問されたら、誰でも委縮してしまうものだが、藤井は合理的だと信じる持論を堂々と述べたのだ。その後、30分ほど話し合い、教諭の「教えた内容を定着させるために宿題を出していて、授業のカリキュラムに含まれる」という見解に、藤井は納得したようだ。

高校進学を迷う

 藤井は高校進学を翌年に迎える2017年の夏、「学校に行くと時間的な制約をかなり受けます。高校進学については、自分の中で迷う気持ちというのはあります」と語ったことがある。

 藤井が高校に進学しないで将棋一筋の生活を送れば、天賦の才能がさらに発揮されて、盤上で大いに活躍するだろう。

 しかし、人生という長いスパンで見ると、高校に進学することは、学識が豊かになる、規則正しい生活を送れる、将棋以外の友人を作れる、などのメリットがあり、決して無駄ではない。高校生という立場なら、メディアの過熱報道から身を守れる。

 藤井は2017年の秋、名古屋大学教育学部付属高校に進学することを表明し、「全てのことをプラスにする気持ちでこれからも進んでいきたいです」とのコメントを出した。

 実はその背景には、「高校までは行ってほしい」という母親の強い希望があった。そもそも中高一貫校を選んだのは、受験に忙殺させたくないのが理由だった。藤井は、親孝行のために高校進学を決めたようだ。

 藤井は「学校で学んだことが将棋に役立つことはありませんが、学校に行くことで精神的にバランスが取れているかなと思います。勉強で面白いのは世界史で、今は第一次世界大戦の授業を受けています」と、高校生活について語ったことがある。

 高校の友人と一緒に地元の愛知県から長野県を訪れ、「青春18きっぷ」を利用した約14時間の日帰り旅行をしたこともあった。

退学は想定内の判断

 藤井は一人の高校生として、このような学園生活を送っていた。しかし、対局日程が込み入ってくると、通学が難しくなってきた。

 公式戦の対局は、原則として平日に行われる。愛知県在住の藤井は、東京・大阪の将棋会館での対局で前日に宿泊し、終局が遅い対局では当日も宿泊する。また、2日制のタイトル戦(藤井は昨年に王位戦に登場)では、地方の対局場への往復の移動を含めて4日間も要する。授業の出席日数不足は、入学当初から懸念されたことだった。

 藤井は昨年の秋から、高校と何回か話し合ったそうだが、レポート提出などによる救済措置は認められず、卒業するには留年を選ぶしかなかったという。私立高校なら出席日数不足は容認されるかもしれないが、国立の付属高校では難しかった。

 藤井は高校退学について、「タイトルを獲得したことで将棋に専念したい気持ちが強くなりました。昨年の秋に意志を固めました」とのコメントを出した。

 また、あるインタビューでは、「高校進学を決めたときから、状況を見て退学を判断しようと思っていました。高校では、棋士だけでは経験できないことがいろいろとありました。だから卒業自体にこだわる必要はないのかなと思っています。心残りはありません」と語った。

 藤井が高校を自主退学したのは、想定内の判断だったのだ。

 高校の卒業証書は受け取れなかったが、名人の「推戴状」を受け取る日がくることを期待したい。

羽生善治は通信科に編入

 同じ中学生棋士だった羽生善治九段(50)の高校生活についても紹介しよう。

 羽生は1985年(昭和60)12月15歳2ヵ月で四段に昇段して棋士になった。そして「幅広く知識を広げて、世の中のことをもっと知りたい」という思いから、翌年の春に実家に近い都立富士森高校(八王子市)に進学した。

 高校時代の3年間は、公式戦で勝ちまくっていたので、なかなか通学できなかった。関西で深夜まで対局した翌朝、始発の新幹線に乗って帰京して学校に行き、授業中は疲れ果てて席に座っているだけ、ということもあった。

 羽生はそれでも高校に通い続け、学校の行事にもできるだけ参加した。修学旅行秋田県岩手県にまたがる八幡平に行き、スキーを初めて覚えた。

 しかし、学業と将棋の両立はやはり難しかった。一般教科の試験は持ち前の記憶力で乗り切ったが、出席日数不足によって卒業の見込みはなかった。羽生はそんな状況において、自分で調べて通信制のカリキュラムを見つけた。そして都立上野高校通信科に編入し、単位を何とか取得して卒業を果たした。

 羽生は「棋士の道程は長い。将棋以外のことを経験しておいて良かったです」と後年に語った。

 羽生と藤井は、ともに中学生で棋士となり、それぞれの考えで高校に進学した。高校生活の終わりは、編入と退学で違っていたが、自分の信念で判断を下したことは共通している。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  藤井聡太二冠の年収、4位で4500万円は低すぎ?

[関連記事]

もし棋士が罹患してしまったら?将棋界の感染症対策

スポーツと異なる将棋のゲームセット「投了」の作法