(田中 美蘭:韓国ライター

JBpressですべての写真や図表を見る

 韓国と中国の関係が何やら騒がしい。韓国の伝統や歴史、文化を「中国のもの」と主張するかのような中国側の言動が続き、韓国内での反中感情を高ぶらせている。影響はさまざまなところに波及し、エンターテインメント界も巻き込んで激震の様相を見せている。

 今回、中国との間で論争が巻き起こっているのは参鶏湯サムゲタン)の起源についてである。参鶏湯は日本でも人気の「韓国料理」として認識されており、認知度も高い。この参鶏湯について、中国最大のポータルサイト「百度(バイドゥ)」で、「参鶏湯は中国に古来から伝わる広東式の料理」「中国から韓国へと伝わり、韓国で宮廷料理として定着した」という説明が記載されていたのだ。これに対して韓国のネットユーザーたちは反応し、激しく反発した。

 中国が韓国の伝統や文化について「自分の国が起源」と主張するのは、参鶏湯が初めてではなく、キムチや伝統衣装の韓服についても参鶏湯と同様のことを発言している。その結果、中国による中国東北部の歴史研究プロジェクト「東北工程」の韓国への浸食を懸念する声や、中国への抗議を毅然とすべきであるといった声が上がっていた。

 参鶏湯騒動が炎上している背景には、3月22日に韓国SBSで放送が始まったドラマ「朝鮮駆魔師」が問題に火に油を注いでいる面もある。朝鮮を滅ぼそうとする悪霊に闘いを挑む男たちの姿を描いたエクソシストファンタジーと銘打った作品だが、この中のある描写が、初回から早速波紋を呼んだ。劇中でピータンや月餅といった中華菓子や食品が使われていた上に、セットの装飾品が中国風だという声があがり、これが「歴史歪曲」と指摘されたのだ。

 事態の収集のためSBSは放送を一時休止し、撮影済のエピソードに大幅な編集修正を加えた上で放送を再開させるとの対応を発表した。だが、蜘蛛の子を散らしたように、ドラマのロケ地など製作協力をしていた自治体サムスン電子を初めとするスポンサー企業が支援打ち切りを一斉に表明。波紋はますます広がっていった。

 そして、2回の放映を終えた時点で韓国のテレビ史上、初の放送中止という最悪の決定が3月26日下され、出演者たちが次々に謝罪をするという事態にまで至っている。

 この作品はBigBangBlack Pinkなどが所属するYGエンターテインメントが設立したドラマ制作会社、YGスタジオレックスなどが中心に制作に関わっていた。320ウォン(日本円で約31億円)という莫大な投資をして、海外向けの配信も予定されていたというが、すべてが水泡に帰した。中国に忖度したような演出が歴史歪曲につながったという見方や、物語が「フィクション」としながらも太宗という実在する朝鮮時代の王と同じ名前を持つ人物が登場し、ゾンビと絡めて描いていることも不快感や反感を呼んだと考えられる。

 ドラマスタッフや特に出演者たちにとっては悪夢とも言え、この時期に中国絡みの問題でドラマ自体がお蔵入りになるとは何とも後味の悪い話と言えよう。

韓国内「チャイナタウン構想」にも反対の声

 また、一連の騒動の中で、今度はオンラインニュースメディアインサイト」が、中国のTVドラマ参鶏湯が登場したと報じた。現在、中華TVで放映されている時代劇「錦心似玉」は、明朝時代を舞台に、側室の娘として生まれ、恵まれない境遇にも毅然と立ち向かい、やがて名家に嫁ぎ困難を乗り越えながら成長していくというストーリーだ。この中で、ヒロインが「参鶏湯は(準備が)楽なものではありません。中に入っている人蔘は百年もので、長白山まで行って特別に買って来たものです」と言っているセリフがあると報じている。

 これについてもネットではやはり、中国に対する怒りの声が上がっている。このドラマを韓国が中国から輸入した上で、平然と韓国内で放映していることを由々しき問題と指摘すると共に、政府に対して、中国に対して毅然とした強い対処が必要だとも述べられている。

 よりによってこの時期に、劇中にわざわざ参鶏湯を登場させたのは、韓国内で論争が巻き起こることを前提にしているのではないかという猜疑心が湧くが、海外の作品が自由に楽しめる今の時代、前述の「朝鮮駆魔師」然り、時代劇の取り扱いは非常にナイーブな問題ではないかと考えさせられる。

 多方面で中国への反感が強まっている中、大統領府の「国民請願」には韓国内で建設が予定されている中国関連施設に対する反発の声が寄せられている。「国民請願」とは大統領府のサイトに設けられているコンテンツで、国民が意見や要望を投稿する謂わば「目安箱」のような位置づけである。

 この「国民請願」に最近の反中感情への高まりや、一連の騒動をめぐって、ある意見が投稿された。それは、現在、江原道(カンウォンド)に建設が予定されている大規模施設「韓中文化タウンチャイナタウン)」の建設を中止せよというものである。3月29日にこの意見が投稿されると翌日には12万人の同意が集まり、その数は増え続けている。

 2018年冬季オリンピックが開催された平昌(ピョンチャン)がある江原道はスキーリゾートカジノ海水浴場などがあり観光業に力を入れている地域でもある。今回、建設が計画されている「韓中文化タウン」は観光業の活性化を目的に2022年の開業を目指し、韓流をテーマにしたエリアや、中国の伝統庭園、伝統通り、フードゾーン少林寺などが造成される計画だ。

 これに対して、国民請願へ建設反対の異議を唱えた投稿者は「韓国にわざわざ中国に関連した施設を建てることへの意味が到底理解できない上、最近の中国の言動を見ていると韓国の文化が侵されていくという危機感を感じる」という主旨の理由を述べている。 

 これに同意している人たちの意見も最近の反中感情を反映したものが多くなっている。

 ドラマの歴史歪曲問題やキムチ参鶏湯は中国が起源という主張は単なるきっかけに過ぎず、以前より、中国人が韓国内の土地や物件を買い占めたり、昨年からの新型コロナをめぐる中国の動きに不満を抱いていたりと、これまで鬱積していた中国に対する感情がここで吐き出されたということであろう。

THAAD騒動を彷彿とさせる展開

 今回の中国への反感の高まりを見ていて思い出されるのは、2016年に当時の朴槿恵パク・クネ大統領下でTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)の韓国内への配置が決定したことに猛反発した中国政府の対応とその影響である。中国政府は韓流文化を規制するため「禁韓令」を発令、韓国芸能人の中国での芸能活動を制限する、国民に韓国への韓国渡航を止めるように求めるなどの報復措置に出た。

 当時を振り返ると、それまでソウルや釜山の繁華街を大挙して闊歩していた中国人観光客たちの姿がパッタリと消えた。買い物で訪れたロッテデパートで従業員と言葉を交わした際に、「中国からのお客急にいなくなっちゃって本当に暇になっちゃったわ」と苦笑いをしながらボヤいていたことを思い出す。この時の中国の対応はサービス、観光業界には痛手となり、いかに韓国に中国からの観光客が多かったということを如実に示した。

 また、影響はこれだけにとどまらず、THAAD配置先の土地を提供したとして、中国にグループ企業を含め、ビジネスを展開していたロッテには特に厳しい措置が課せられ、中国国内での不買運動や大型スーパーの撤退の憂き目に遭い膨大な損失を余儀なくされた。

 その後は報復措置や関係悪化も下火となり、落ち着いたように見えていたものの、再び当時のような状態に後退し、さらに今後の韓国政府の中国の対応次第では、国民の反中感情はさらにヒートアップする可能性もあるだろう。

 現在、米国内で激化しているアジア系住民へのヘイトでは、先日のアトランタでの銃撃の犠牲者に韓国系が複数含まれていたこと、BTSが「アジア人への差別や暴力行為に断固反対する」という意思表示を示したことで、「人種差別反対」に同調する空気が韓国でも高まっている。

 しかし、現在の反中感情、さらには2019年の反日感情の高まりを見ると、「相手に非がある」と主張すれば叩いても構わないとするような雰囲気で「人種差別反対」に同調することに矛盾を感じる。

 中国に怒りをぶちまけながらも、韓国のみならず、日本さらには世界が多方面に於いて中国に依存せざるを得ない現状にあるということを見れば、今のように反中を叫ぶだけは何の解決も生み出さず、もう少し冷静になる必要があると言えよう。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  支持率底割れ、土地投機問題で崖っぷちの文在寅政権

[関連記事]

中韓キムチ起源論争に垣間見える韓国の反論文化

「地獄の島」の汚名を着せられようとしている軍艦島

ソウルで開催された参鶏湯パーティ。多数の中国人観光客が舌鼓を打った(写真:YONHAP NEWS/アフロ)