Newsweek日本版に掲載された古谷経衡氏の記事

古谷経衡氏の「日本会議」論
当初は、『巨大組織・日本会議』というイメージを私も抱いていた。しかし事実を積み重ねていけば、自ずと、日本会議の小ささ・弱さが目につくようになった
日本会議が大きいわけでも強いわけでもない
(『日本会議の研究』むすびにかえて より)

と、冒頭から引用、しかも自著からの引用で恐縮だが、本稿はここから進めたい。

 過日、「『日本会議』は衰退するのか?──神社本庁全面敗訴の衝撃」という記事がニューウィーク日本版に掲出された。古谷経衡氏によるものだ。

 タイトルに「神社本庁全面敗訴」とあるのをみて、思わず「おお。さすが古谷経衡さん。あの地裁判決を見逃さず、『今こそ、田中―打田独裁体制を打破するぞ!』『打田―椛島アライアンスこそ諸悪の元凶!』と正義の鉄槌を下されたのだな」と胸が躍った。しかしどうもそうではないらしい。

 そもそも古谷経衡氏は、先日判決のあった神社本庁を被告とする裁判の内容には一切立ち入っておられない。今回のあの裁判の争点となった例の宿舎の話や、オリンピック再開発の利権でドロドロした話の多い原宿近辺の例の土地の話などにも触れておられない。単に、あの判決が報じられた際にSNSで「バズった」、「日本の国体」なるタームを中心に議論を進めることに終始しておられる。例の宿舎の土地取引の話は現場取材を重ねなければ書けぬし、当の地裁判決にしてもその詳細を論じようとすれば、あの百ページ近い判決文を読み込まねばならない。さらには書くのであればあの判決文に出てくる数多くの個人や企業に取材せねばならないだろう。

 その代わりに古谷経衡氏は、選挙データの解析と自分の思い出話を織り交ぜ、自室に居ながらにして珠玉のような論考を展開された。神社本庁をめぐる今回の裁判や一連の土地取引や寮内のあれこれの事件を取材するため、現場に通い、会い難い人に会い、時には怖い思いをしながら話を聞きという作業を2年重ねても、まだ1行も書けぬ私のような歩幅の狭い人間には到底叶わぬ芸当だ。そしてこの古谷経衡氏の論考で、私はどうやら下手人扱いをされたようだ。それも取材ばかりにほっつき歩き、編集者に「早く書け」と怒られながらも「自分の思いつきか個人的経験だけで、原稿を書くわけにいかん」と遅筆にあぐらをかく私の愚鈍さゆえだろう

◆そやから「日本会議なんて小さい」って言うてますやん
 古谷氏はいう。

冒頭で述べた菅野氏の『日本会議の研究』によって日本会議が第二次安倍内閣や自民党の保守系議員の黒幕になっている―、という説は実しやかに唱えられてきたのは事実である。しかし、筆者は永年保守業界にその居を構え、いまや保守業界と合体した所謂ネット右翼の動静をつぶさに観察してきたが、日本会議の影響力はまったく大きくない、というのが正直な実感である。よって『日本会議の研究』で描かれた日本会議像は、よく調べられているとはいえ、かなり日本会議の存在を極大化して捉えているきらいがある、と思うのである

 なるほど2016年に上梓した拙著『日本会議の研究』は二十万部売れたため、その読者の中には、「日本会議の存在を極大化」と古谷経衡氏が解釈するような御仁もおられるのだろう。

 しかしかくてお白洲に引き出された下手人としては、申し開きをせねばなるまい。「古谷経衡さん、ちゃんと読んでください。そんなこと、僕の『日本会議の研究』には1行も書いてません。書いてないことを書いてるかのように言われても困ります

 拙著は「日本会議の存在は大きい」と主張するどころか、冒頭に引用したように「日本会議は小さく弱い」とさえ言い切っている。また、『日本会議の研究』の後に発表した数々の対談本(その対談本の中には、古谷経衡氏との対談も含まれる。ちなみにその対談をまとめて幻冬舎プラスから刊行している電子書籍タイトルは『日本会議とネトウヨ、中身は空っぽ』である)の中や、雑誌原稿の中では、「そもそも、日本会議などという組織が大きな組織力を用いて政治参画していると考えるのは間違いだ」「宗教の政治参加と聞けば公明党創価学会パターンを想起しがちだが、大量票そのものでインパクトのある政治参加できる団体は、創価学会だけ。日本会議創価学会のように考えてはいけない」と繰り返し述べてきた。しかしこれらの主張は、古谷経衡氏のお目には届かなかったらしい。いや、直接の対談でもそう申し上げたのだから、目どころかお耳にさえ達しなかったのだろう。

◆古臭い運動の「有効性」
 また古谷経衡氏は、

一方日本会議はというと、神社本庁を筆頭とする中小の所謂「宗教右派」の集合体であるとみなされ、草の根的全国組織を有するものの、その会員間の通信手段は21世紀が10年を過ぎた当時でも相変わらず、機関誌や封書、或いはFAXといった旧態依然としたツールしか持ちえず、保守界隈の多くやネット右翼からは「時代(インターネットという新ツール)に対応できない近代化の遅れた旧い組織」としてあまり見向きもされなかったのが、率直な観察であった。

という。

 しかし、地を這いつくばり紙を一枚一枚めくりインタビューを文字起こしすることに明け暮れ、自己の体験を論拠にするという愚行と距離を置くために客観的エビデンスを一つでも多く集めることに時間を割くあまり1行たりともかけぬという愚鈍な身からすれば、「ネット全盛の時代に、ファックスと葉書とは(笑)」とのご述懐は、少しこの目に映る光景と違いすぎる。

 例えば教科書運動、例えば男女共同参画事業、例えば外国人地方参政権、例えば学校における国旗掲揚国歌斉唱などなど、私が取材し話を聞く地方自治体の現場の人々は、山と寄せられる葉書やファックスの山にこそ頭を抱えておられる。Twitterハッシュタグがいかにバズろうが、匿名掲示板でいかに話題になろうが、それらは畢竟、みなければ済む話だ。しかし、ファックスも葉書も、担当者の自席に積み上げられれば、無視ができない。ネットナウい人々から馬鹿にされようとも、日本会議はそれを承知でこうした泥臭い運動を続けている。そしてその運動手法は古典的で古臭く泥臭いからこそ、現場で威力を発揮している

 具体例で説明しよう。

 昨年の教科書採択で、日本会議が「日本教育再生機構」というフロント団体を通じて推す歴史教科書の採択結果は「ほぼゼロ」と言っていい結果に終わった。大激減である。80年代初め頃から始まり、「新しい歴史教科書をつくる会」の騒動で話題になり、「つくる会」の分裂など様々な紆余曲折を経てきた日本会議の教科書運動は、これでほぼ頓挫したこととなる。(最近の若い人はご存知ないだろうが、「つくる会」はそりゃまあ、当時、世間を風靡したんですよ。結局のところ、小林よしのりも西尾幹二も日本会議おもちゃにされてたことに気づいて離れていったんですけどね)

 しかしここで考えねばならないのは、「なぜ、日本会議のおす歴史教科書の採択が、突如、ゼロに近い結果になったのか」と言うことである。

 教科書採択のたびに、日本会議は、「新しい歴史教科書をつくる会」や「日本教育再生機構」を通じて、地方自治体・各地の教育委員会に旺盛な運動で迫り、採択を実現してきた。しかし、なぜそれが頓挫したのか? という問いである

 答えは極めて簡単である。「今回は、ファックスや葉書を書く人がいなくなってしまった」のだ。

 日本会議=日本教育再生機構が「葉書やファックスの運動の古臭さを自覚したから」でもなんでもない。もっと単純で単純だからこそもっと深刻な理由だ。。従業員に全国各地の学校と教育委員会に教科書採択するための投書を大量に書かせていた大阪の某不動産会社や、保護者に同種の葉書を書かせていた大阪の某幼稚園が、それぞれ従業員との裁判や土地取引疑惑によって、運動の前線から撤退を余儀なくされた側面が大きい。そしてその某不動産業者の裁判や、某幼稚園の事件により、「葉書やファックスは運動によるもの」との認識が、各地の自治体担当者に共有されたことが大きい。

 このことはむしろ、「葉書やファックス」という古典的な手法が「効く」ことを雄弁に物語っている。葉書やファックスを書く人がいたわずか数年前(それは古谷経衡氏がまだネトウヨだった頃だ)は教科書が採択され、書く人がい亡くなった今回は採択の成績が振るわなかったのだから。

 葉書、ファックス、署名、デモ、座り込みなどなど、「古臭い運動」は、効くのである。効くからこそ、日本会議はそれを繰り返しやっており、効くからこそ、彼らは自分の政策課題をことごとく法制化してきた。「ネットを駆使する」ネトウヨが、自らの政策課題を法制化し得た事例は寡聞にしてか見つけることができないが……。

 拙著のポイントもそこであった。日本会議は小さい。しかしその事務局たる極右団体・日本青年協議会は、長崎大学学園正常化運動に端を発し、その後、靖国国家護持運動・元号法制定運動で培った古典的運動ノウハウを内面化しており、その運動ノウハウの巧みさによって保守系政治家に多大なる影響力を行使し、とりわけその運動は、東京ではなく地方の議会等で成果を生んでいる… というのが、拙著の骨子の一つである「日本会議の強さ」のポイントだ。

◆最近も見られた「日本会議」的古典的手法
 さらに日本会議の古典的な運動手法が成功を収めつつある事例を見てみよう。

 先日、丸川珠代氏をはじめとする自民党の保守派政治家複数人が、地方議会に対して、「選択的夫婦別姓に賛成する決議案が上程された場合は各議会で反対に回るように」との書簡を出したことが話題になった。これも日本会議の運動の典型例である(『日本会議の研究』第四章参照)。

 元号法制定の頃から、日本会議はあらゆるイシューで、「地方議会における意見書の採択→署名集め→東京での中央大会→自民党政治家を靡かせる」という手法で、自分たちの政策課題を実現させてきた。この「ノウハウ」の精緻さにこそ彼・彼女たちの強みがあるのだ。例の「選択的夫婦別姓に反対するように」書簡を出した議員連盟の会合には、幹部として、衛藤晟一議員が参加していることが確認されている。衛藤晟一こそ、大分大学在学中に生長の家の信者として右翼学生運動スタートさせ、日本青年協議会幹部となり、「生長の家原理主義運動」の帰結として総理補佐官まで上り詰めた、「日本会議ど真ん中」の人物であることを忘れてはなるまい。

 丸川珠代の一件で露見した「選択的夫婦別姓に反対する自民党の反動政治家たち」は、衛藤晟一ら日本会議中枢の政治家たち運動家たちの指導よろしきを得て、日本会議の得意とする古典的運動手法を忠実に展開しているのだ。

日本会議という「芸能事務所
 自身がネトウヨであった経験を持つ古谷経衡氏は、古巣の「チャンネル桜」の思い出話をよくされる。彼にとって、「チャンネル桜」周辺で見かけた光景こそが、「保守論壇」の光景なのだろう。しかし古本屋で古書を発掘し国会図書館で保守論壇誌のバックナンバーを読み込み古老に話を聞き、各種右翼団体の開催する勉強会やイベントに参加し、永田町周辺で蠢く魑魅魍魎のような山師・フィクサー・大金持ちの類から話を聞いて歩く…という幅の狭い経験しかないためか、私には、「日本会議が本腰を入れて取り組んだ運動が、古臭い手法にもかわらず成功を収めた」という事例はいくらでも目につくのだが、「チャンネル桜周辺で話題になったものが、政策化された事例」に思い当たる節はない。

 おそらくこれは、古谷経衡氏と菅野完の見える光景の違いだろう。私のようなものには、スタジオのスポットライトの当たる場所から見える光景には、想像が及ばない。その代わり、スタジオの裏がきになる。なぜ、日本会議の事務局を務める日本青年協議会でその機関紙の編集長を務めていた経歴以外めぼしい経歴のない江崎道朗氏が、チャンネル桜であんなに起用されたのか。なぜ、突如、日本青年協議会と同じく「生長の家学生運動」にその起源を持つ日本政策研究センターに所属していた濱口和久氏が「危機管理のプロ」としてチャンネル桜に登場しいきなり冠番組を持つようになったのか。なぜ、かつて水島総は自身が司会を務めるコーナータイトル日本会議の機関紙のタイトルと全く同じ「日本の息吹」と名付けたのか。なぜ、チャンネル桜草創期の歴史番組の解説者が名越二荒之助だったのか。なぜ、チャンネル桜草創期には、すぎやまこういちだけでなく、長谷川三千子も関与しているのかなどなど…「日本会議関係者」と表立って名乗っていないのに、その実、日本会議メンバーであったりその事務局を務める極右団体の幹部であったりする人たちがある種の「仮面」をかぶってチャンネル桜に出演し続けた/し続けている事例の方が、私には気になって仕方ない。

 あるいは、なぜ産経新聞の論壇コーナーの「正論」執筆陣は日本会議イベントに出る人ばかりなのか、なぜ日本会議・日本政策研究センター・日本青年協議会の機関紙への寄稿実績しかないような人物が、突如、WiLLHanadaで連載を持ち始め「保守論壇人」として大きな顔をしだすのか。なぜ、百田尚樹ケントギルバード、高須克弥など元来の著名人でも、「保守論壇人デビュー」の前に必ず通過儀礼のように日本会議イベントに出席しているかなどなど…、チャンネル桜なる小さい囲いを超越した世界でも、私には舞台の裏が気になって仕方ない。

 おそらくこうして舞台裏が気になるのは、菅野完が地を這うコソ泥だからに違いない。それぞれ各人の革靴の底、草履の裏、ズボンの裾にこびりついた泥の色が同じであることに気を取られてしまうのも、舞台の上で華麗なるステップを踏む人々の踊りに合わせて奏でられる楽曲がなぜか同じ作曲家のものであることにこそ気を取られてしまうのも、その所以だろう。

 しかしその場所から見れば、あたかも、日本会議は、保守業界という業界に君臨する芸能事務所のように見える。大阪の民放における某芸能事務所アイドル業界における某芸能事務所のように見えるのだ。「なーんだ。違うジャンルの違う芸事のように見えるけど、プロデューサーさんもマネージャーさんもトレーナーさんも一緒じゃん」と。

ネトウヨ200万人が踊る「オタ芸」の振付師は誰か
 冒頭に引用したように、日本会議なんぞ小さい組織である。古谷経衡氏の言うように、ネトウヨ二百万票に比べるべくもないだろう。そこに異論はない。日本会議には、3年に一度の参議院選挙で3議席ずつ当選させる組織力しかない(1回の参院選あたり3議席である。その点古谷経衡氏が行った数量分析は1議席しか想定しておらずデータ解析として失当であることを申し添えておく)。しかし、集票力と「アジェンダ設定能力」は別だ。そして「市民運動遂行能力」は別だ。私が『日本会議の研究』をはじめとする一連の著作の中で、「日本会議の強さ」として強調したのはそこにある。

 確かに、ネトウヨ200万票なのだろう。その200万が足並みを揃えて投票行動を行うとは考えにくいが、しかし、そこに教科書、尖閣、「慰安婦」、夫婦別姓、女性・女系天皇などなどの「なんとはなくの、通奏低音のような、共通のアジェンダ」は存在している。私の拘りたいのはそこなのだ。拙著で指摘したのはそこなのだ。

誰がそのアジェンダを設定するのか。
誰がそのアジェンダに対する論調を作るのか。
誰がそのアジェンダを市民運動化するのか。

 そこに私は、拘っている。そしてその点における日本会議を中心とした、「一群の人々」の老獪さと熟練さを見てとり、恐れ慄いている。

 例えて言えば、オタ芸のようなものだ。古谷経衡氏は安楽椅子に座り「こちらの方が大きい」としているネトウヨ200万人は、オタ芸を踊っている。その踊りは確かに壮観なのであろう。しかし、そのオタ芸の振り付けを考えたのは誰なのか。どの曲でどう踊るかを設定したのは誰なのか。そして、なぜ他のコンサート会場でも、全く違うアイドルグループなのに、同じようなオタ芸が見られるのか。私は、200万人のネトウヨオタ芸を踊る壮観さに目を奪われたりしない。そんなことは誰でもできる。少なくとも書き屋のすることではない。私は、オタ芸の大人数さや華麗さではなく、振り付けの共通点を見つけ、共通の振付師が誰かを探り当て、なぜその振り付けになったかばかりが気になる。そしてそこにある種の「意図」を見てとり、その「意図」を繰り返し運動化し、その運動をことごとく成功に導いている「一群の人々」=日本会議の中枢を担う生長の家原理主義者たちの存在に気づき、それを本にした。

 しかし残念ながら、私が『日本会議の研究』に込めた「日本会議は小さい。が、能力はずば抜けている」とのメッセージ古谷経衡氏に届かなかったようである。もし届いていたら、そもそもあの判決を見て、「あ!神社本庁だ!だから日本会議について書いちゃえ!」などという幼稚な発想にならなかっただろう。

 古谷経衡氏の当該論考は、拙著に対する誤読に基づいている。その誤読を責めるのは可哀想ではある。古谷経衡氏にはこれからも、「自分の思い出の語り部」として頑張ってもらいたい。しかし私は、思い出などに浸っている時間はない。これからもあの100ページ近い判決文に出てくる個人や企業と取材を重ねねばならないし、なにより、神社本庁にしても日本会議にしても、大量の文書を発行する人々であるから、大量の資料を読みこまねばならない。「ネット全盛時代だからさぁ」などと言っている暇はないのである。

 さて、現場だ。コタツに居ながらにして書く原稿など、私にはないのである。

<文/菅野完

菅野完
すがのたもつ●本サイトの連載、「草の根保守の蠢動」をまとめた新書『日本会議の研究』(扶桑社新書)は第一回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞読者賞に選ばれるなど世間を揺るがせた。メルマガ「菅野完リポート」や月刊誌「ゲゼルシャフト」(sugano.shop)も注目されている

Newsweek日本版に掲載された古谷経衡氏の記事