「時代とともに表現が変わり新しいものが生み出されるように、表現の育まれる現場も更新されていかなければなりません」
こんな決意とともに、『「表現の現場」ハラスメント白書2021』が3月24日に公表された。

◆表現の現場に横行するさまざまなハラスメント

 これは、アーティストや作家でつくる「表現の現場調査団」がインターネットを通じて行なったアンケート調査の結果を分析したもので、写真や映像、演劇や漫画、デザインといった表現の世界におけるハラスメントの実態を浮き彫りにしている。

 調査に協力した1449人のうち、1195人が「(何らかの)ハラスメントを受けた経験がある」と回答。セクハラ経験は1161人、パワハラ経験は1298人、ジェンダーハラスメント経験は1042人と、いずれも1000人を超え、797人が「その他のハラスメント経験がある」と答えている。また、学生時代のアカハラ経験者も376人いた。

 表現の現場に横行するハラスメントについて、調査に協力した評論家の荻上チキさんは、「企業や学校、家庭や地域など、他の領域で起きているハラスメントと構造的には同型」と指摘しつ、表現の現場ならではの特徴をこう分析する。

「表現の世界の特徴として、技法や評価の抽象度が高いために、指導時のコミュニケーションにおける非対称性が高まりがちであること。また、適度な『抑圧』があって、はじめて創造性が増すのだという、あまりに古めかしく、また根拠のない言説が根強いことがあります。これらを背景に加害行為が指導のために必要であることのように行われ、放置されています。また、『この業界は特殊だから』『これくらいしないといい作品はつくれない』といった言説も、さまざまな被害を隠蔽してしまっている」

白書にまとめられた、生々しい被害の実態を少し紹介しよう。(※一部、編集部がリライト)。

◆セクシャルハラスメント

・個展のレセプションパーティで酔った客が、明らかに故意に股間にワインを溢し、私含む女性作家たちにそれを拭かせた(30代、女性、美術作家)

ライブハウスで演奏する際に、見知らぬ女性から体をむやみに触られる事例が多いです。お客様なので強く言えません(30代、男性、作家)

・教育現場にかかわる男性美術家から「作品のポートフォリオを見てあげる」「プロジェクトアシスタントの仕事をあげる」という名目で呼び出され、望まない性行為を求められた(20代、女性、美術家)

・館長から密室でキスを求められたり、身体を触られた。断ると突然態度が変わり難癖をつけて左遷させられた(50代、女性、文化施設勤務)

・泊まりがけの現場があれば、立場が上の同性の先輩にさえ取引先の男性に枕営業をするよう勧められたり、飲み会ではキスされたり、抱きつかれたり。拒めば心が狭い人間扱いされたり(20代、女性、写真家)

◆ジェンダー・ハラスメント

20代後半~30代にかけて、年上の方々や画商さんから、「女は巨匠になれない」「女の作品は男性の作品には勝てない」「ルーブルには男の作品しかない」「水商売をしてでもしがみつけ、結婚したら画家になれない」などと言われた(30代、女性、画家)

・男子を優先的に合格させている。推薦入試合格者男子率90%以上の年度あり。教授から「男子の方が合格しやすい。」といった発言があった。
学校の広報のために、私の作品を、別の男子生徒の作品として発表された。私が既に作ったものを、男子生徒が作っているようにして、制作風景動画を撮った。また、それが事後報告だった。「男子の志願者を呼び込むため」とのこと(20代、美大生)

・映像周りの世界では、「女は才能がなく男が才能がある」という謎常識がある気がします。女だから体で仕事をとってこいという雰囲気なのは当たり前ですが、20代の頃コンペなどでも「○○のほうが男だから勝たせてあげたい」という理由でコンペを落とされたこともあった(30代、女性、映像作家)

◆テクスチュアルハラスメント

・演出や脚本に性的な内容は一切ないにもかかわらず、劇団長より「演技のために必要だ」と猥談を聞かされたり、「性行為をすべきだ。性行をできないのは人間として欠陥があるからだ」と言われた(30代、女性、俳優)

・演出家がプレッシャーをかけて伸ばそうと思ったのか、全員の前でひとりずつ「スタイルが良くない」「顔がブスだ」と罵られた。「自分の魅力を言え」と言われて全員答えるが、その後すべて否定されるというものだった(30代、女性、俳優)

編集者から、「作品がつまらないのは、作者の人格や人生がつまらないからだ」「漫画家社会のゴミだ。他の仕事に就きたくても就けない人間がなるクズのようなものだ」などと言われた(30代、女性、漫画家

・劇団の主催から体型と容姿について度々言われ、拒食症になってしまった。「面白いことができないのであれば臀部を露出して排便するようにとも言われた(20代、女性、俳優)

フリーランサーへのハラスメント

 こうした表現の現場におけるハラスメントを深刻化させているのが、フリーランスの多さだ。白書でも弁護士の笠置裕亮氏がこう指摘している。

「今回の調査結果の中でも、業務の発注権限を盾に、ハラスメントを甘受しなければならなかったという事例が見られる。フリーランサーの間に深刻なハラスメント被害が蔓延している背景には、契約解除に対する法的規制が手薄であり、契約解除をおそれて抵抗できない状況におかれているということが挙げられる」

「編集部から『あなたの職務を取り上げるよう編集長に相談している』といった脅しを受けた」というライター(40代、男性)がいたが、次のような声も。

・性的なアプローチに対して抗議したところ、メディアや業界の団体にこちらに不利な話を流すとか、名誉毀損として訴えると脅迫されたりした(20代、女性、文筆家)

・業務委託で美術家の技術スタッフとして働いていた。出張先のホテルで美術家のマネージャーから性的関係を求められたが断った。その後業務中に無視などが続き関係性が悪くなり、業務委託を解消され、仕事を失った(20代、男性、技術スタッフ

・具体的修正指示がなく、精神的に追い詰めることが「創作上の向上」につながるという恐らく思想背景が風潮化されている大企業に、複数度にわたってダメ出しを受けた。ダメ出し時期は、昼夜の生活の自由時間がない。罵声も非常に悪質なもの。また下請けの立場上、業務を断れない時期もつづき、判断がつかない(40代、男性、映画監督)

・当時のクライアントから体を触られていた。最終的には連絡もなく、一方的に仕事の提携を切られた上に、業界内にあることないこと噂を流され、一部の仕事がなくなった(30代、女性、グラフィックデザイナー

◆求められるのは包括的な法的保護

 その他、「テレビ業界は暴力しか存在しない」と絶望するテレビ制作関係者(30代、男性)、「演出家は人殺しに見えます。演出家と役者という立場があると太刀打ち出来ません。人生まで壊します」と嘆く役者(40代の女性)など、切実な声が溢れる。

 なかには、ギャラリーストーカーに悩み、相談した同業者から自らに落ち度があるように言われ、「精神的にしんどくてその界隈で活動や仕事はできなくなった」美術家(30代、女性)や、劇団主宰・演出家から長年、パワハラモラハラを受け、「死にたいと毎日思うようになりました。飛び降りるビルを探したり、実際に登った」俳優(30代、男性)など、ハラスメントによって表現の場を奪われ、生きることに絶望するまで追い詰められる人も。

 しかし、ここまで見てきたようなハラスメントの被害に対しては、立法的規制はほとんどないのが現状だ。

 白書は独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT)副主任研究員・内藤忍氏による次のような提言で結ばれている。

「就業者か否かを問わず、表現者全般に起きているハラスメントの現状を踏まえると、イギリス2010年平等法(Equality Act 2010)のように、仕事領域に限定したハラスメント規制ではなく、仕事、教育、サービス提供といった多領域におけるハラスメント規制を盛り込んだ包括的立法(禁止規定を含む)を導入することも合わせて検討していく必要があろう」

「表現の現場調査団」は今後、こうした実態調査に加えて、ハラスメントに関する情報提供、研修やシンポジウムの実施を通じた啓発活動、フリーランスの表現者をハラスメントから守るための法改正要求を行なっていくという。
 表現の育まれる現場のアップデートが、いよいよ始まった。

<調査概要>
実施時期:2020年12月2021年1月
対象者:表現にかかわる活動・仕事をしている人たち(年齢、性別を問わない)
調査方法:スノーボールサンプリング(調査対象者のネットワークを介して調査対象者を抽出していく方法)によるウェブ調査
回答者数:1449名(男性25%、女性62%、どちらでもない1%、無回答12%)

<文/鈴木靖子>

「表現の現場調査団」は3月24日、白書の公表と合わせて記者会見を行なった(表現の現場調査団提供)