Twitterに投稿された「おうちをホテルみたいにするプロジェクト」が、「ほっこりしました」「早速うちでもやってみようかな」と話題になっています。

【画像:漫画を読む】

 この漫画を紹介してくれたのは、むぴーさん。春休みのある日、5歳の息子くんから「おうちをホテルみたいにしよう」と提案されます。

 賛同したむぴーさんは息子くんと一緒に「どうしたらおうちをホテルみたいにできるか」を考え始めます。息子くんの出したアイデアは「1回ホテルに行ってみたら分かると思う」というストレートなもの。そういう訳にもいかないので、家族で「おうちをホテルみたいにする」プロジェクトスタートします。

 ホテルの名前を考え「看板を置こう」などと案を出し合うファミリー。3歳の娘ちゃんも「ワタチウノチタイ」と、かわいらしい希望を伝えます。

 「ホテルはこんなに散らかっていない」ということで部屋の片付けをする子どもたち。その間に夫は布団を移動させて客室を作ります。

 準備ができたら夫と子どもたちはいったん外へ。改めて「ホテル客」として家の中に入ってもらいます。チェックインは玄関先に置いたカウンターテーブル)で。「ヒャー」と喜ぶ娘ちゃんと、急にカウンターの中に入ってホテルスタッフになる息子くんがかわいいです。

 宿泊者名簿のサインをしたのは娘ちゃん。客室のカードキーと翌朝の朝食チケットも用意してあります。

 ホテルマンが部屋に案内して、カードキーで扉を開けるふり。布団が敷かれ、テレビお菓子、ガイドブックが置かれた客室を見て、子どもたちのテンションマックスになります。

 その後はウノや人生ゲームで盛り上がり、夕食はシェフ(夫)特製のから揚げ定食。全員で温泉(お風呂)に入り、おそろいのパジャマTシャツ)で就寝しました。

 息子くんの一言から始まった「おうちをホテルみたいにする」プロジェクトいつもの隣の部屋で寝ることが、楽しい思い出になったそうです。

 ちなみに朝食のメニュースクランブルエッグソーセージハッシュポテトだったとのこと。「絶対無くさないから!」と朝食チケットを離さなかった娘ちゃんはチケットとカードキーをなくしてしまい、いまだに見つかっていないそうです。ホントのホテルじゃなくてよかった。

 リプライ欄には「息子くんの意見に賛同できるお母さんがステキ」「皆で楽しもうという雰囲気が伝わってきました」「ちょっとした工夫がここまで人生を豊かにするんだなぁ」といったコメントが。「ホテルバイキングごっこ」や「映画館ごっこ」をお薦めする声もありました。

 むぴーさんはTwitterの他、ライブドアブログ「むぴーのお家」やInstagramでも子育てエピソードを公開中。イラストエッセイ『子供ができて知ったこと』と育児漫画『母がはじまった』の書籍版がAmazon他全国の書店で販売されています。

画像提供:むぴー(@mupyyyyy)さん

息子くんが「おうちをホテルみたいにしよう」と提案