大東建託は、愛知県居住の成人男女を対象に、居住満足度調査を実施した。その結果、住みここち(駅)1位は、地下鉄名城線の八事A(エリア、3つ以上の近接駅を統合)駅だった。近隣に多数の大学があり文教地区で静かな環境であること、閑静な住宅街があり買い物施設などが充実していることが理由に挙げられている。

【その他の画像】

 2位は地下鉄桜通線の高岳駅だった。名古屋市中心部近くにあり徒歩圏内に栄をはじめとした名古屋を代表する商業施設がありながら、閑静で交通機関が充実していることが挙げられている。3位は地下鉄鶴舞線の大須観音駅で、有名な大須商店街の西側の玄関口でありつつも、静かだという意見が聞かれた。

 住みここち(自治体)1位は、長久手市だった。コンパクトな街並みと、生活に必要な施設が充実していること、日本一平均年齢が低く活気があることが理由に挙げられた。

 2位は、自然環境や文化施設、商業施設が充実している名古屋市昭和区、3位は、栄や名古屋駅アクセスが良く、病院や商業施設が近い名古屋市東区だった。

 19年度の調査のトップ10のうち、今回も9自治体ランクインした。前回1位の名古屋市昭和区は2位となり、前回2位の長久手市が1位となっている。長久手市は東海4県内でも1位という結果だった。

 名古屋都市圏の住みたい街(駅)1位は、JR中央線名古屋G(グループ、2つの近接駅を統合)駅、2位は同率で地下鉄東山線の覚王山駅と本山G駅、3位も同じ地下鉄東山線の星ヶ丘駅だった。19年度の調査結果から住みたい街(駅)上位5位までは変わらず、前年に続き名古屋G駅がトップとなった。

●住みたい(自治体)1位は?

 住みたい街(自治体)1位は、市の中央に位置し主要な行政機関や大手デパートがあり、商業と政治の中心地である名古屋市中区だった。

 2位は西部に名古屋を代表する繁華街と、東部に東山動植物園や平和公園などがある名古屋市千種区となっている。3位は、名古屋城下の武家屋敷が集まった地域で中日ドラゴンズの本拠地ナゴヤドームもある名古屋市東区という結果になった。

 20年度調査は1回目の緊急事態宣言が発出する直前の3月中旬から4月上旬にかけて実施されている。コロナ禍での外出自粛やテレワーク化が進み、人々の価値観や関心が大きく変化した。東京の地価も8年ぶりに下落し、人々の住みよい街の定義も変わりつつある。今後新しい生活様式が提唱される中で、人々が望む生活はどう変化していくのか、注視される。

 調査は2019~20年度で、愛知県69自治体・476駅に居住する累計2万3023人の回答を「住みここち」として集計。また、20年度で名古屋都市圏自治体に居住する累計1万389人の回答を「住みたい街」として集計した。

愛知県で住みここち(駅)1位は?