猫ちゃんの親愛のサインまとめ8つがInstagramに投稿され、猫ちゃんと暮らす人たちからたくさんのコメントと注目が集まっています。

【画像】猫ちゃんの親愛サイン8つ

 獣医師で、現在はある研究所で研究員をしている投稿主の獣医にゃんとすさんが、「猫ちゃんから飼い主さんへ向けてくれる愛に応えられるように」と、猫ちゃんからの親愛のサインとその理由をまとめました。にゃんとすさんによると、猫ちゃんの親愛のサインは8つあるそうです。それでは早速、どんなサインがあるのか見ていきましょう。

 1つ目のサインは頭ごっつん。頭をごっつんしてくることが家族の一員として認めてくれた行動だと思うと、なんだかとってもうれしくて猫ちゃんのことがもっといとおしくなりそうです。2つ目のサインはのどゴロゴロゴロゴロには親愛のサイン以外の意味もあるそうなので、猫ちゃんの気持ちを見極められるようになりたいですね。

 どんどん見ていくとグルーミングやおなかを見せる、前足ふみふみなど、日頃猫ちゃんが何気無くしているように見える行動には、実は猫ちゃんの愛情がたくさん詰まっているということがわかります

 猫ちゃんと暮らしている人は8つある親愛サインのうち、猫ちゃんがどのサインをしてくれているか思い返してみると楽しそうです。猫ちゃんが親愛サインを見せてくれたら、たっぷりの愛情で返してあげたいですね。

 にゃんとすさんはInstagramで猫ちゃんの“あるある行動”を獣医師目線で解説する記事を公開しています。またTwitterでは、一緒に暮らす「にゃんちゃん」の写真が見られます。ブログでは猫ちゃんと一緒に暮らす人たちに向けた有益な情報を発信中。書籍『獣医にゃんとすの猫をもっと幸せにする「げぼく」の教科書』はAmazonの他、全国の書店で販売中です。

画像提供:獣医にゃんとす 書籍:猫をもっと幸せにするげぼくの教科書(@nyantostos)さん

にゃんとすさんの愛猫・にゃんちゃん