「宿題」より「ゲーム」を優先する子に“説教”は効果なし! 理性的な行動をとらせる“唯一の方法”とは から続く

「なんで勉強しないといけないの?」

 子どもから、そんな疑問を投げかけられたとき、あなたならなんと答えるだろう。教育や子育ては絶対的な正解があるわけではない。それだけに、答えに窮する人も多いのではないだろうか。そのような子育て、しつけに関する悩みに最適な一冊が『「しつけ」を科学的に分析してわかった小学生の子の学力を「ほめる・叱る」で伸ばすコツ』(実務教育出版)だ。

 著者は熾烈な中学受験において、勉学だけでなく子どもの自律性を育てることも大切にする、中学受験専門塾「伸学会」代表の菊池洋匡氏。ここでは同書を引用し、子どもが自発的に勉強に取り組むために大切な親の心構えを紹介する。(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

子どもの「なんで勉強しないといけないの?」

 お子さんに「なんで勉強しなくちゃいけないの?」と言われたことはありますか? ご自身の子ども時代を思い出すと、自分が親に聞く側だったことがあると思います。私も言ったことがあります。この問いに、どう答えていますか?

 そして、もしあなたが逆にお子さんに「なんで勉強しなくちゃいけないと思う?」と聞き返すとしたら、どう答えてほしいですか?

子どもが勉強すべき二つの理由

 一般的な回答は、大きく二つに分けると次のようになります。

(1)現実主義的回答:「高い学歴を得て、将来得る収入を増やすため」

 いわゆる「学歴社会」が今も続いていると言えるのか、今後も続いていくのか、確実なことは言えませんが、「高い偏差値中学校・高校→高い偏差値の大学→高い収入の大企業」というイメージは、多くの方が持っているはずです。実際に、これを挙げる小学生は一定数います。すでに現実的な感覚を持っている、ということですね。

 開成中に入ったばかりの中学一年生のとき、知り合って間もない同期の生徒が「公務員になって安定した収入を得るんだ」と言っていて驚いたことがあります(Facebookで確認したら、たしかに省庁勤めになっていました)。おそらく、親に刷り込まれていたのでしょう。「将来の選択肢を増やすために、できるだけ高い偏差値の学校へ進学しよう」も、比較的こちらに近い回答です。

(2)理想主義的回答:「勉強が楽しいから」

 これこそ「理想の回答」だと思います。しかし、これを答える親は意外と少ないです。私は「学びを楽しくする伸学会」として情報発信を続けてきたので、今でこそ保護者向けセミナーでこの答えを提示すると、「そうですよね!」という反応も増えてきました。ですが、以前は「あぁ、そういう答えもあるなぁ」と驚き交じりの感想をいただくことのほうが多かったです。

 エジソンやアインシュタインといった天才が、一心不乱に研究に打ち込む姿や幼い頃から好奇心の塊のように過ごしてきた姿をイメージすれば、これが理想の答えであることに異論はないと思います。ただ、理想的過ぎて「自分の子どもがそうなるとは思えない」と無視されてしまいがちなのかもしれません。

 これらは、どちらかが正解ということではありません。むしろ、どちらも正解です。この二つは両立するもので、同時に求めても何ら間違いではないのです。「楽しく勉強して、結果的に多くの選択肢を持っている」のが最も良いですよね。

人生が楽しくなる「勉強する理由」

ちなみに、もし私が勉強する理由について問われたら、次のように答えます。

・学ぶことで能力や知識が身について「できる自分」が広がる

・次の目標とする「なれる自分」の選択肢が広がる

・知識を得ることで視野が広がり、「なりたい自分」も広がる

 例えば、小学生の人気職業は「小学生が知っている職業」に限られます。「スポーツ選手」「YouTuber」「医者」「教師」「ゲームクリエイター」など、いずれも小学生の視野に入る職業です。

 それに対して、学ばなければ見えない職業もたくさんあります。例えば、「サッカー選手」の周囲には「サッカーに関わる様々な職業」が隠れています。栄養管理、試合の宣伝、スタジアムの設計、全体の経営、どれも学ぶことで初めて見えてくる職業です。これらは不人気なのではなく、そもそも知られていないのです。

 この答えは、勉強をすることで選択肢が広がるという点では現実主義的回答とも言えますが、なりたい自分になり楽しい人生を実現するという点では理想主義的回答と言うこともできるかもしれません。楽しく勉強して多くの選択肢を持ち、その結果、人生がさらに楽しくなる。素晴らしい循環ですね。

モチベーションにつながる二つの動機づけ

 さて、現実・理想の二つの回答ですが、これはモチベーションの科学における二つの動機づけ(行動の理由)に対応しています。それが、「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」です。

 外発的動機づけとは、自分の行動が外部(他人や環境)の報酬・命令によって生じている状態のことです。例えば、「次のテストで満点を取ったら、ゲームを買ってもらえるから勉強する」という子は、ゲームという報酬のために勉強をします。これは他人からゲームという報酬を与えられないと勉強しない、ということでもあります。

 目的はゲーム、勉強はあくまで手段です。目的が達成されたり、なくなったりしたら終わるものですね。「学歴を得るために勉強する」も、この外発的動機づけにあたります。目的は学歴ですから、受験が終わって目的が達成されたら終わり、ということも起こりがちです。

 内発的動機づけとは、自分の行動が完全に自律的で、興味から生じている状態のことです。例えば、「新しい情報を得たい(知的好奇心)」「なぜなのか、物事のつながりを知りたい(理解欲求)」「前よりうまくなりたい(向上心)」などが、内発的動機づけに含まれます。いわゆる「動物博士」や「鉄道博士」のイメージです。好きで没頭した結果として知識が増えていき、「博士」と呼ばれるようになるわけですね。

 暇さえあれば本を読みたがる「本の虫」も、内発的動機づけで動いている例です。これらは行動それ自体が目的になっています。飽きてしまって終わることもありますが、興味が続く限りは際限なく行動を続けることが期待できます。

成績アップのために身につけてほしい内発的動機づけ

 学習に対しては、内発的動機づけを持ってもらうのが望ましいです。内発的動機づけを持っていると、外発的動機づけだけで行動している場合に比べて、行動の量も増え、質も高まるからです。

 終わらせないとテレビを見せてもらえないから宿題をする子は、宿題以外の勉強までしようとは思わないでしょう。ましてや間違えた問題を深堀りして理解しようとしたり、ちゃんとできるようになっているかの確認のための解き直しをしたりはしません。テレビを見せてもらうために、表面的に宿題を片づけるだけで終わりにします。それでは成績は伸びませんよね。

 それに対して、算数好き・歴史好きなど、内容それ自体を面白いと思って熱中している子は、もっと難しい問題を解きたい、もっとくわしく知りたいと、より質の高い勉強をたくさんするようになるでしょう。また、「もっとできるようになりたい!」という向上心が原動力になっている場合には、より成長するための練習法・学習法について考えるようになるので、いっそう成長が早まります。

 こうした子に対しては、周りの大人は学習アドバイスをすればよいだけです。あとは、本人が自分の意欲のままに成長していきます。ですから、子どもには内発的動機づけで勉強するようになってほしいのです。

 そして、子どもが内発的動機づけで勉強するように導くためには、子どもへの接し方がとても大切になります。内発的動機づけと外発的動機づけは両立し得るものですが、両立しない場合もあります。典型的なのは、「怒られるのがイヤで勉強している場合」です。「怒られたくない」というのは外発的動機づけですが、こうした理由による「やらされ感」は内発的動機づけを殺す最も大きな要因です。

まとめ

勉強の動機づけには、「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」の二つがある。勉強の質・量ともに高めるために、「内発的動機づけ」を育てよう

(菊池 洋匡)

©iStock.com