年々増加し続ける中学受験者数。小学生同士の競争は過熱し続けている。そんな中、子どもの自律性を育てることや、親子関係を損なわない中学受験ができる塾として、注目を集めているのが中学受験専門塾「伸学会」だ。

 ここでは、同塾代表の菊池洋匡氏による著書『「しつけ」を科学的に分析してわかった小学生の子の学力を「ほめる・叱る」で伸ばすコツ』(実務教育出版)を引用。子どもに集中して勉強に臨んでもらうためのケーススタディを紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

なぜ、子どもは何度も同じ失敗を繰り返すのか?

 子どもを叱ってイヤな気分になる。子育てをしていてたびたび訪れる瞬間だと思います。生徒を指導していても叱らなければいけない場面はたくさんあります。最初から完璧な行動ができる子などいません。悪いところを指摘して、改善を促さなければいけないときは必ずあります。しかし、子どもを叱ることで相手も自分もイヤな気分になるのは、できれば減らしたいもの。特に残念なのは、同じ理由で何度も叱らなければいけないときです。

 人間はそう簡単に変われるものではありません。あなたも、きっと同じ失敗を繰り返してしまったことはありますよね。私にもあります。子どもであればなおさらです。子ども自身も同じ失敗を繰り返したくないと思っているのに、またやってしまった…これは仕方のないことです。子どもの未熟さを受け入れてあげなければいけませんよね。

 しかし、そうではない場合もあります。子ども自身が納得していないから、叱られても同じことを繰り返す場合です。こうしたケースは、私たち大人の指導力不足にも原因があります。子ども自身が納得して、自分から「良い行動をしたい」と思ってもらうこと。これが、しつけの大きな目標です。そのために最も大事なのが子どもへの正しい伝え方です。正しい物事のとらえ方、正しい考え方、正しい勉強法など、親としてお子さんに教えたいことはたくさんあるでしょう。それを子どもに教える上で大事なのが、内容よりも伝え方なのです。

理屈ではなく、感情

 人は理屈ではなく、感情で動く生き物です。正しいことを伝えたからといって、その通りには動いてくれるとは限りません。ですから、何を伝えるべきかという知識とともに、どう伝えれば子どもの気持ちをうまく乗せられるかというテクニックも身につけておかなければいけないのです。

 また、それをうまく実践できるようになるためのアンガーマネジメントの技術や親のマインセット書籍では紹介していますので、あわせて身につけてください。これらを習得したとき、お子さんが何度も同じ失敗を繰り返すという悩みから解放されることでしょう。

まとめ

人は理屈ではなく、感情で動く生き物。同じ失敗を繰り返さないようにするために、子どもの気持ちをうまく乗せて納得させられる伝え方をしよう

ゲームやりたい」より「宿題やらなきゃ」を選べる子になるコツ

 子どもの行動を改善する方法について、具体的にお話ししていこうと思います。私たちの脳には理性的な2階の脳と、感情的な1階の脳の二つのメカニズムがあります。これら二つが足並みをそろえて働いてくれているときはいいのですが、相反するときはやっかいです。

 例えば、理性では「宿題をやったほうがいい」とわかっているけれど、感情では「どうしてもゲームがやりたい」と思ってしまう。理性では「甘いものは食べないほうがいい」とわかっているけれど、感情では「どうしてもチョコレートが食べたい」と思ってしまう。そのような長期的な目標を達成するための行動と、目先の欲求を満たすための行動が相反する状況です。

 こういったときに感情・本能ではなく、理性に基づいた行動を取れるようになるにはどうしたらいいのでしょうか? それが、2階の脳を使わせて育てるコミュニケーション法です。理性を司る脳がパワフルに働き、理想の状態を手に入れるための行動を選択するように導いていくのです。

子どもが理性的な行動を取れるようになるための方法

 2階の脳を育てる方法は実にシンプル。2階の脳を使わせるということです。身体を育てることを想像してみてください。子どもは、ただご飯を食べてよく眠るだけでも、日々成長していきます。骨格が大きくなり、筋肉もついていきます。しかし、それだけでなく運動をさせれば、筋肉の成長はより早くなります。脳の場合でも、人の成長原理は同じです。ただ育つに任せるだけでも、子どもの脳は自然と成長していきますが、正しく使わせることで脳の成長をより早めることができます。

 では、どうすれば子どもに2階の脳を使わせることができるでしょうか? それは子ども自身に話をさせることです。誰かの話を聞き流すのは、頭を使わなくてもできてしまいます。失敗して叱られ、苦痛な時間を耐えるために、話を聞いているふりをするだけ。長々とお説教をして「わかった?」と確認し、子どもが「うん」と答える。よくある光景ですが、わかっていないからまた同じ失敗を繰り返します。そもそも、こうしたお説教はほとんど、あるいはまったく効果がない場合が多いということを覚えておいてください。

 これに対して、子ども自身が話す場合を考えてみてください。自分で頭を使って考えないと、話すことはできませんよね。失敗したら、状況を整理して問題点を把握し、今後どうするべきか妥当な結論を考える。これらすべてが子どもにとっての脳トレになります。同時に、自分で考えたことだからこそ、結論に対して納得感が生まれるという心理的な効果も生まれます。あわせて、子どもの行動改善に効果を発揮するのです。

 子どもの成長を促すためには、親が言って聞かせるのではなく子どもに話をさせる。まずは、このことを覚えておいてくださいね

まとめ

理性を司る2階の脳を育てるためには、2階の脳を使う経験を積ませることが重要。そのために、大人は自分が話すのではなく子どもに話をさせるようにしよう。

「なんで勉強しないといけないの?」子どもに聞かれたときの“意外すぎる”理想の回答 へ続く

(菊池 洋匡)

©iStock.com