新型コロナウイルスの流行にともない、真偽の不確かな医学情報が飛び交った結果、トイレットペーパー買い占めや、納豆がスーパーの棚からなくなるなどのことが起こった。

 そして、今も、ワクチンにかかわる真偽不明な情報がネットを中心に飛び交っている。ビル・ゲイツマイクロチップを埋め込もうとしている、mRNAワクチンによってDNAが書き換えられる、など、枚挙にいとまがない。 

 どうして人は、真偽の不確かな情報を信じてしまうのだろうか? 特別にだまされやすい人がいるのだろうか? 性格の問題だろうか? それとも、単純に知識がないからだろうか? 

 わたしは、昨年末、『自身を守り家族を守る医療リテラシー読本』(翔泳社)という書籍を上梓したが、その中で、「特別な人だけが誤情報を信じるわけではない」と書いた。誤情報にはもともと、信じやすくなるような心理的なしかけがある。占いを信じてしまう人の心理とも似ており、いい人、悪い人は関係なく、だれもが誤情報を信じることはあり得る。 

 では、そういった誤情報と距離をとり、適切に見分け、対処していくにはどうしたらいいのか。特に、命に関わる情報に関しては、適切に判断したいものだが、そういったときにこそ、「医療リテラシー」が重要になる。 

リテラシー」とは、文字通りには「読み書きをする力」という意味だが、「医療リテラシー」とは、「医療情報および医療システムに関して、適切に理解し、活用していく力」とのこと。以下、誤情報を信じやすくなる理由や、見分け方、適切な行動するためのアドバイスを、拙著から抜粋する。 

◆ ◆ ◆

誤情報を信じてしまう、3つの「仕掛け」

 誤情報を信じてしまうのは、どんな人なのでしょうか? 信じてしまうのは、何も特別な人ではありません。状況によっては、誰でも信じてしまうことがあるでしょう。

 誤情報の多くには、信じたくなるような仕掛けが施されています。SNSなどで誤情報が増幅されてしまう仕組みもあります。誤情報をうっかり信じてしまったとしても、あなたのせいではありません。

 では、誤情報を信じさせてしまう「心理的な仕掛け」にはどんなものがあるのか、いくつかあげてみたいと思います。例えば、占いで誰もがあてはまる言葉をいわれているのに、それが自分に特にあてはまることがらだと思うことがあります。これをバーナム効果といいます。

「占いが当たった」ような気持ちになるのは、この心理効果によるものといわれています。ネットに病気の体験談などが載っていると、自分の症状にあてはまるように思えてしまったりするのも、この効果によるものでしょう。

 第三者からの情報は信じられるように思えてしまうことを、ウィンザー効果といいます。これは、多くの人が口コミを信頼する心理のことで、マーケティングなどの研究では、口コミが消費行動に影響を与えることが示されています。

「26度のお湯でコロナウイルスが予防できるという情報を、武漢の研究所に勤務している知人を通じて教えられた」というTwitterで出回った情報も、第三者による口コミの形態をとっています。

 あるものが持つ強い特徴により評価がゆがめられることを、ハロー効果といいます。ハロー効果のもっともわかりやすい例として、権威があげられます。誇大広告における「○○大学名誉教授推薦」や、「ノーベル賞の成分」などがこれにあたります。権威のある人の意見であれば、専門外のことがらであったとしても、もっともらしく聞こえてしまいます。

 こういった心理的な落とし穴があるために、特に心に不安があるときは、わたしたちは誰でも誤情報を信じてしまう可能性があります。

 一度誤情報を信じてしまったとしても、自分を責める必要はありません。むしろ、間違いに気づけたことを喜びましょう。

SNSで誤情報が増幅される「エコーチャンバー現象」に注意

 現代では、SNSで情報を得る人が増えています。その際に気を付けなければならないのが、「エコーチャンバー現象」です。

 第3章でも説明しますが、この現象は閉鎖空間内でのコミュニケーションが繰り返されることにより、特定の信念・意見などが増幅されてしまう現象のことをいいます。似た属性や意見の人に特化したコミュニケーションに偏りやすいSNSでは、大きな問題になります。

 予防接種に反対する人は、実生活ではごく少数であるにしても、SNSでは周囲がすべてそのような意見に思えてくるため、「予防接種は危険だ」という考えが、あたかも「誰もがそう思っている」ように感じられてしまいます。

最近よく聞く「エビデンス」、本来の意味は

 現代の医学の基礎には、一貫して「エビデンス」の考え方があります。「エビデンス」とは、医学においては「科学的根拠」というような意味で使用されますが、具体的には、研究の結果や症例の報告、多数の研究を集めて分析したものなど、多岐にわたります。論文として発表されているデータといえば、イメージしやすいでしょうか。

エビデンスにはレベルがある

 論文として発表されたさまざまなデータや分析結果はいずれもエビデンスですが、一口にエビデンスといっても、信頼性の高いものから低いものまでさまざまです。信頼性の高さを確認するには、一般的にはエビデンスレベルというものさしを用います。

 一例での報告や少数での研究は、エビデンスレベルは高くありません。動物実験は、エビデンスレベルの最下位にも入らない、まだまだ信頼性が低い研究とみなされます。

 研究には、薬剤投与や食事の変更などの「介入」を行う「介入研究」と、行わない「観察研究」があります。観察研究には、すでに治療を受けた過去の症例を振り返って研究する「後ろ向き研究」よりも、新たに患者さんをエントリーし、追跡して観察する「前向き研究」のほうが、偏りがなくエビデンスレベルは高いとみなされます。一般的に、介入研究のほうが観察研究よりもエビデンスは高いとみなされます。

 介入研究では、無作為に投薬する群と偽薬群を分けて行う「ランダム化比較試験」がもっとも信頼性が高いといわれています。複数のランダム化比較試験など、いくつかの研究を統合して解析する「メタアナリシス」によって証明されると、かなりエビデンスレベルの高いデータということができます。

 必ずしもすべての研究でこのレベル分けが成り立つわけではありませんが、目安として覚えておきましょう。エビデンスについては、第2章でも詳しく説明しています。

 繰り返しになりますが、エビデンスといっても、信頼性の高いものから低いものまでさまざまあります。気を付けたいのが、「エビデンス」という言葉自体が信頼性を担保するものになるとは、必ずしもいえない点です。

一つの研究だけで「エビデンスがある」とは言えない理由

「十分にエビデンスがある」ということがどんな状態なのか、ここで説明しておきましょう。複数の、比較的大規模な研究で再現性のある結果が出ていて、さらにこれらを統合したメタアナリシスで証明されると、「十分にエビデンスがある」といえるでしょう。したがって、一つの研究成果だけで「エビデンスがあった」と考えるのは早計なのです。

 第3章で、「信頼性のある情報を得るには、主に公的機関から」とお話ししていますが、公的機関の情報は通常、エビデンスを専門家が吟味したものが掲載してあります。一般の方が信頼性のある情報を得るには、専門家が吟味しまとめた情報を探すのが早道です。ガイドラインなども、そういったものの一つです。

医療には「ゼロリスク」は存在しない

 医療は「病気を治す」一方、リスクがつきものです。血管に針を刺して採血をするという多くの人が受けたことのある検査ですら、迷走神経反射(めいそうしんけいはんしゃ)などの有害事象を伴うことがあります。医療に伴うリスクとは、検査による被ばくや薬の副作用など、多岐にわたります。

 しかし、リスクを過大におそれてしまうと、医療によるメリットが享受できなくなります。予防接種を忌避(きひ)する人々は、副作用を過大に考えた結果、予防接種による病気予防の効果が得られず、より大きなリスクにさらされてしまうことになります。

※迷走神経反射:自律神経に対する刺激(強い痛みや、排泄、長時間の起立など)により、自律神経の反射が起ること。血圧が下がり、意識を消失することもある。

メリットデメリットを天秤にかける」のが重要

 例えば、手術には麻酔の副作用や、手術の後で起こる合併症など、さまざまなリスクがあります。では、どうしてリスクのある手術を行うことを外科医は勧めるのでしょうか? それは、メリットデメリットを上回ると考えられるからです。

 一つ例をあげてみましょう。胃がんの手術では、術後に食事を一気に食べることができなくなるなどの悪い面もありますが、手術をしてがんを体から取り除けば、がんが進行したり転移したりせず、再発しない限りは胃がんによる死を避けることができます。

 薬も同様です。得られる効果が、副作用によるデメリットよりもメリットのほうが大きいと考えるからこそ、内服をするのです。

 病院にかかるとき、あまりこういうことを意識することはないかもしれません。しかし日常的に行われている医療行為のすべての基本に、「メリットデメリットを比較し、メリットが上回るときのみその医療行為をする」という考え方があります。

 医療を受ける側も、薬や医療行為についてのメリットデメリットを比較する習慣を持つとよいでしょう。それを癖にしておけば、いざというときに慌てる確率が減るでしょう。

(松村 むつみ)

©iStock.com