競走馬擬人化したキャラクターを育てる育成シミュレーションゲームウマ娘 プリティーダービー」が人気だ。

その影響で、初めて競馬場を訪れる人が増えている様子もあり、いま非常に盛り上がっているジャンル。しかし、その陰ではこんな「悲劇」が......。

画像はバフィーさん(@bafiwo)提供

これは、ツイッターユーザーのバフィーさん(@bafiwo)が、2021年4月6日に投稿したイラストだ。

写実的で見事な馬のイラストとともに、

高校生の息子が今流行ってるおうまさんゲームハルウララが好きらしく、描いてって言われたから一生懸命描いてLINEで送ったんだけど反応がない」

と、ツイートしている。

こんなに素敵なイラストなのに...。Jタウンネット記者は8日、投稿者のバフィーさんに詳細を聞いた。

すぐに次のおねだりを...

すでに察した人もいるだろうが、バフィーさんの息子さんがリクエストした「ハルウララ」とは、引退した元・競走馬ハルウララではなく、「ウマ娘」のキャラクターのほうのハルウララピンク色髪の毛ポニーテールにした、元気いっぱいの女の子だ。

しかし、バフィーさんは彼女のモデルになった、競走馬の方のハルウララの写真を集めてイラストを作成。

「トータルで2~3時間ほどかかってると思います」

とのこと。

その後、「余りにも反応が虚無だったからちゃんと調べて頑張って描いてドヤァした」とのことで、しっかり「ウマ娘」の方のハルウララちゃんのイラストも描いて息子さんに見せたそう。

ハルウララ競走馬)のイラストからもわかるように、バフィーさんの絵の腕前は素晴らしいもの。ハルウララ(ウマ娘)イラストも、超高クオリティ。これには、息子さんも大満足だったのでは?

「息子は嬉しそうにニコニコしてました...が、すぐに『アグネスタキオンも好きなんだよね』と次に描いてほしい子をねだってきました」

と、バフィーさん。ここでの「アグネスタキオン」ももちろん、ウマ娘キャラクターである。

これからは、誰かに「●●を描いて」と馬のイラストリクエストされたら、競走馬ウマ娘かしっかり確認する必要がありそうだ。

4月12日11時20分編集部追記)記事初出時、見出しに誤字があったため、訂正しました。

画像はバフィーさん(@bafiwo)提供