遠野なぎこ(写真提供:JP News

12日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、遠野なぎこが他人への「悪口・陰口」について持論を展開した。


■イチロー氏の「悪口・陰口論」に…

番組では元シアトル・マリナーズイチロー氏がSMBC日興証券インタビュー動画で、悪口や陰口について「その人の前で言えるなら陰口・悪口を言ってもいいが、本人の前で言えないなら言わないというルールが僕にはある」と語った様子を紹介する。

動画を見た遠野なぎこは「イチローさんの考え方は素敵だと思いますけど、私は、陰口・悪口って陰で言わなければ意味がなくないですか。目の前で言うのは文句、指摘とかそういう形になるから、悪口・陰口じゃなくなるんですよ」と持論を展開した。


関連記事:「超うざいアジア人」とオーダー票に印字したカフェ 店主も悪ノリしSNSが大炎上

■「悪い感情は必要」

ふかわりょうは「悪口は多いほうですか?」と質問し、遠野は「もちろんです」と回答する。そして「仕事で出会った人の悪口とか陰口とかチクリとか…」と語る。

さらに「他人に対して悪い感情を持って何が悪いのかわからないんで私は。それはそれで必要じゃないですか。良い感情も必要で、それがあるから悪い感情も対極にあるっていう考えなので」と説明。

これにはふかわも「嫌いな人を好きになろうとすると大変ですよね」と同調。遠野は「意味がないです。そんな労力を使わないほうがいいです。嫌いなままでいいと思います」と話した。

■自分が言われたら…

コメントに何かを感じた様子のふかわは、「仮に我々がなぎこさんの陰口をどっかで叩いていたら、それを耳に入ったらどのような感情が?」と質問する。

遠野は「心を消しますね。心を消して仕事をするようにします。絶対許さないと思いながら仕事します」と回答。

ふかわが笑いながら「おかしいじゃない。自分は陰口をたくさん言っている…」と話を向けると、「なんで私が言われなきゃいけないの、私なんにもしていないじゃん」と反論する。慌てたふかわは「例えばですからね」と場を収めた。


■つい言いたくなる悪口だが…

悪口や陰口はストレス発散の効果もあるが、自分の耳に入ると少なからず傷ついてしまうもの。しかし、つい言いたくなってしまうも事実だ。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,343名を対象に実施した調査では、「人の悪口を言いがち」と答えた人は45.3%と半数以下ではあるものの、少なくない割合となっている。

201710120630_01

悪口や陰口を「言う・言わない」は個人の考え方次第だが、人を傷つけるとともに、自身への信用を失う可能性があることは、留意しておく必要がある。

・合わせて読みたい→広瀬アリス、ネットで自分の悪口を見つけたら… まさかの行動に驚き

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

遠野なぎこ、イチロー氏の悪口論に独自見解 「陰で言わなきゃ意味ない」