「暗い所で本を読むと、目が悪くなるよ」

 子どもの頃、親や周囲の大人にこう言われた経験がある人は多いのではないのでしょうか。読書の他にも、暗い部屋でパソコン作業やゲームスマホの操作、テレビの視聴などを行うこともあると思いますが、ネット上では「本当に目が悪くなるのかな?」「目によくないだろうなというのは何となく分かる」「迷信だと思っていたけど、実際はどうなんだろう」「暗い部屋でパソコン作業すると、確かに目がいつもより疲れる気がする」など、さまざまな声が上がっています。

 暗い所で読書をすると目が悪くなるのは本当でしょうか。かわな眼科(千葉県松戸市)の川名啓介院長に聞きました。

近視進行のリスク

Q.通常、明るい所で読書やパソコン作業、ゲームスマホの操作、テレビの視聴などをしているとき、人間の目はどのような状態なのでしょうか。

川名さん「明るい所で作業をするときは瞳孔(瞳)が適度に収縮し、目に入る光の量を調節しています。光が多過ぎるとまぶしく、少な過ぎると見えないからです。その上で、見たい物にピントが合うよう、『毛様体筋』という目の中の筋肉が働くことで物を見ています」

Q.一方、暗い所で同様の作業をした場合はどうでしょうか。

川名さん「これは読書とその他の作業とで違いがあります。暗い所で読書をする場合、人間の目は光を多く取り入れようとして、瞳孔が大きくなります。すると、ピントがやや合いにくくなるため、暗い所では読書がしづらくなるのです。また、暗い所では字がはっきりしなくなるため、しっかり見ようとして本と目の距離が近づきやすくなります。

近くを見る負荷が強くなると近視が進みやすくなるので、『暗い所で本を読むと目が悪くなる』といわれるのです。さらに、暗い状態ではピントをしっかり合わせるために毛様体筋が働き過ぎることがあり、眼精疲労の原因となります。

一方、パソコンゲームテレビなどはそれ自体が光を発しているので、目に対しては大きな弊害はありません。しかし、暗い所でテレビなどの明るいものを見ると『光刺激性てんかん』を起こす人がいます。以前、あるテレビ番組を見ることで、子どものてんかん発作が多数誘発された事例があります。周りが暗いのに画面だけが明るいと刺激が強く、頭が混乱しやすくなると考えられます」

Q.つまり、「暗い所で読書をすると目が悪くなる(視力が低下する)」のは事実ということでしょうか。

川名さん「事実といえると思います。近視の進行に関する最近の研究の結果、近くを見る機会が多いことや都市部での生活、野外での活動時間が短いことなどが近視の進行に影響を及ぼすことが分かってきました。暗い所で読書をすると、明るい状態よりもさらに近くで見る可能性が高くなり、近視が進むリスクとなります」

Q.「暗い所でパソコン作業をすると、いつもより目が疲れる」という自覚がある人もいるようですが、こうしたことは実際に起こり得るのでしょうか。

川名さん「暗い所でのパソコン作業は周囲の光の量に対して、ディスプレーが相対的に明るくなります。そのこと自体が眼精疲労を起こすという根拠はありませんが、周囲の刺激が少ない状態でパソコン作業をすることで、より集中して長い時間、かつ同じ距離のものを見ていることになります。その結果、目のピント調整をする毛様体筋が過緊張を起こし、眼精疲労や頭痛を感じやすくなります。

また、パソコンテレビを見ているときはまばたきも少なくなります。そうするとドライアイを引き起こし、目の違和感や疲れを誘発してしまいます。パソコン作業の際には意識的に休憩を挟み、遠くを見るなどして目を休めることが大切です」

Q.暗い所で読書などをすることによって、特に視力が低下しやすい人、または目の疲れが出やすい人の特徴はありますか。

川名さん「近視の進行はおおよそ、20代半ばで止まります。逆にいうと、それより若い人が長時間、近くを見ることは近視の進行を早めます。40歳以降になり、近視が急に進む場合は白内障の可能性もあります。

目が疲れやすいのは近視よりも遠視の人です。近視は眼鏡やコンタクトレンズを使用せずとも、近くの一点にピントが合う状態です。一方で、遠視は何もしないと遠くにも近くにもピントが合わない状態なのですが、目のレンズにあたる『水晶体』の厚みを無意識のうちに調節してピントを合わせています。

そのため、40歳以下の場合は『遠くも近くも裸眼でよく見える』状態です。おおよそ40歳を過ぎてくると調節力が弱まり、近くを見るために目の力を多く使うようになります。従って、遠視の人の方が眼精疲労を感じやすくなるのです。

40歳を過ぎて、『読書などで目が疲れやすくなった』と感じたら、近くを見るための眼鏡やリーディンググラス(老眼鏡)を早期に使うと慣れやすく、かつ疲れにくくなるのでおすすめです。近視で眼鏡を使っている人も40歳以降は近くを長時間見ると疲れることがありますが、早めに遠近両用眼鏡を使うと緩和されます」

視力低下を防ぐ「最適な環境」

Q.眼科医として、暗い所で読書やパソコン作業、スマホ操作などを行うことは容認できますか。

川名さん「基本的に暗い所での読書は疲れますし、姿勢も悪くなりやすい上に肩が凝ることもあるのでおすすめしません。パソコンスマホの作業は暗い場所であることが必ずしも、目に悪影響を及ぼすわけではありませんが、一般的に『暗い状態』というのは夜間であり、その時間帯に発光するディスプレーなどを長時間見ると体内時計のリズムが狂うことがあります。明るい状態で、ほどほどの時間に限って見るのがよいのではないでしょうか」

Q.読書やパソコン作業などを行う際、視力の低下を防ぐ意味での「最適な環境」とは。

川名さん「読書やパソコン作業などは300500ルクス程度の明るさがよいとされています。『晴れた日に、窓がある部屋で薄いカーテンを引いた程度』の心地よい明るさが目安です。照明の色については白色系だと集中を高め、暖色系だとリラックスできるといわれています。読書はおおよそ30~45センチ程度、パソコン作業は50~100センチ程度の距離が標準です。

最近のパソコンディスプレーの輝度が割と高めに設定されているので、輝度を抑える方が目にとって楽です。私は診療で電子カルテを使いますが、画面の輝度はかなり下げています。また、ディスプレーの高さは目線よりやや下の方が望ましいです。目を大きく開ける必要がなく、涙の蒸発を抑えられるので、ドライアイ対策にもなります。読書もパソコン作業もつい長時間になりがちですが、同じ距離で物を見ていると眼精疲労につながりやすいので、1時間ごとに5~10分程度休憩するのが望ましいです」

Q.やむを得ず、暗い所で読書やパソコン作業などを行う場合、注意すべきことはありますか。

川名さん「なるべく避けるのがベストですが、やむを得ない場合は時間を決めて休む(遠くを見る、違うことをする)ことが大切です。読書よりもパソコン作業の方が目の乾きや肩凝りを感じやすいので要注意です」

Q.その他、空間の明るさと視力、目の疲労の関わりについて、日常生活で意識するとよいポイントとは。

川名さん「現代はパソコンスマホの使用機会がますます多くなり、目を酷使しています。パソコンよりもスマホの方がより近くで画面を見る必要があるため、眼精疲労を引き起こしやすいです。10代や20代では『急性内斜視(寄り目)』とスマホの使用時間が関係しているのではないかと推測されています。

急性内斜視は軽症であれば、使用時間を抑えることで回復することもありますが、重症になると物がいつもダブって見えてしまい、生活に影響を及ぼします。使用時間を抑えても治らない場合には手術が必要です。また、ベッドスマホを使用する人も多いと思いますが、ブルーライトや照度の問題で質のよい睡眠が取れなくなることもあるので、節度のある使い方が望ましいです」

オトナンサー編集部

暗い場所で読書をすると…