13日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんの金銭トラブルについて報道。お笑いコンビブラックマヨネーズの小杉竜一の発言に視聴者から疑問の声が集まっている。

 今月8日、A4サイズで28枚にもおよぶ文書を公表し、自身の母と元婚約者の男性との間の金銭トラブルについて釈明した小室さん。元婚約者の男性からの約400万円について、「借金ではない」と強調していた。しかし、12日になり一転、小室さんは代理人を通じて男性に対し「解決金」を支払う意向を明らかにした。

 『バイキング』でこの話題について話を振られた小杉は、「(元婚約者の男性が)最初に『もうええわ』って言った金を、『やっぱりもう一回返してくれ』って言うのははっきり言ってダサいじゃないですか、男として」と元婚約者の男性を断罪。これにMCの坂上忍は、「初動のボタンのかけ違いはあったのかな」とうまく疎通がとれていなかったのではないかと指摘した。

 続けて小杉は、小室さん側が支払うと明らかにした解決金について、「国民からの応援も得ているか分からないから、クラウドファンディングとかした方がいいかもしれませんね。『解決金クラウドファンディング』みたいな」と提案。しかし、この案に誰も乗らずスタジオが一瞬静まり返ったことから、慌てて「ちょっとこれやめますね!」と撤回していた。

 ​>>玉川徹氏、小室さん母の元婚約者を徹底批判「男としてこんなことはない」「一方的な主張をメディアが増幅」<<​​​

 この小杉の発言に視聴者からは、「男としてダサいダサくないの問題じゃない」「400万はダサいからって捨てられるお金じゃない」「こういう話題でふざけないでほしい」という批判の声が集まっていた。

 とはいえ、小室さんが公表した文書によると、元婚約者の男性は「金銭の請求はしないしそのための話し合いは不要なのでやめたい」という考えを小室さん側に伝えたにもかかわらず、その後「決して解決したとは思っていない」と意見を翻したとのこと。

 こうした経緯もあり、ネットでは「確かに急に意見変えられたって点で小室さんは可哀想ではある」「小室さん側も元婚約者側も言ってることコロコロ変わり過ぎだから『ダサい』って言いたくなる気持ちも分かる」と小杉に賛同する声も寄せられていた。

 果たして国民が納得する形でこの問題が解決することはあるのだろうか――。

ブラックマヨネーズ・小杉竜一