(C)Katerina Klio / Shutterstock 

現在、ネット上で大きなトピックとなっている、不登校ユーチューバーゆたぼんの父・中村幸也氏と、4chan管理人ひろゆきこと西村博之バトル。舌鋒鋭い応酬が連日繰り広げられているが、西村の矛盾発言が注目を集めている。

【関連】『イッテQ!』出川哲朗が女性の容姿をディス!「時代に合わない」「不愉快」 ほか

ゆたぼん小学生の頃から不登校を貫いているが、自動的に進学できる義務教育の性質上、この3月に小学校を卒業。春から中学生にあたる学年であったが、自身のYouTubeチャンネルにて、中学でも不登校を続けると表明していた。

これはネット上でも話題となったのだが、噛み付いたのが西村。彼はこのニュース記事を引用する形で、自身のツイッターに《子供に教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要だと思います》などと記した。

西村はさらに、《子供を学校に通わせないで、身の回りの出来事を学ぶことで生きる力を云々という頭の悪い親がいますが、身の回り生活からどうやって虚数の概念を学べるのか聞いてみたいです》《「虚数なんて知る必要がない」と考える人は知識が足りないし、子供の成長に制限をかけてることに気づかないならアホでしょ》など、父である中村氏を徹底批判。このツイートは中村氏の目にも止まり、以降、互いを批判し合うツイートの応酬が繰り広げられている。

ひろゆきに矛盾が発覚!? 過去発言をネット民が猛追「ブレブレにも程がある」

虚数は必要だが古文・漢文は必要ない?

しかし、西村の「虚数」のくだりに対し、ネット上では矛盾の指摘が相次いでしまう。

実は西村、つい2月には《古文・漢文は、センター試験以降、全く使わない人が多数なので、『お金の貯め方』『生活保護、失業保険等の社会保障の取り方』『宗教』『PCスキル』の教育と入れ替えたほうが良い派です》と表明。実用的・実践的な知識ではないことを理由に古文・漢文の廃止を叫び、一流作家の竹田恒泰氏から《古典を軽視するのは、歴史を軽視するのと同じで、野蛮な合理主義の賜物だと思う》と反論されるなど、賛否を招いていた。

そのため、ネット上では中村氏への批判に対し、

《虚数とか古文って生活で使わなくないですか? 古文はいらないって言ったのはひろゆきさんです。虚数はいるのに古文がいらないってどんな線引きなんでしょうね?》
《虚数知らないと日常生活でどう困るんだろう》
《古文漢文いらないって言ってるのに虚数はいるんだ ダブスタワロタ
《虚数なんか実生活で役に立たないだろ、古文漢文で自分が言ってた理屈なのにどうした》
《古文・漢文はダメでこっちは必要ってどういう事?》
《古文いらねえっつったり虚数学べって言ったりブレブレにも程がある》

などと疑問・批判が噴出。実用的でないと切り捨てた過去の発言との矛盾を指摘される格好となった。

世間ではよく〝煽り屋〟だと言われることが多い西村。ネット民からの煽りには、どう反応するのだろうか。

【画像】

Katerina Klio / Shutterstock