LINE4月13日、12日午後3時15分ごろから発生しているコミュニケーションアプリLINE」の不具合が、メンテナンス作業の不備によるものと明らかにした。外部の担当者がネットワークサーバ機器の電源を誤って切っていたという。同日中に大半の障害は復旧したものの、現在も一部で復旧作業を続けている。

【その他の画像】

 LINEによるとアプリの障害は国内でデータセンターを提供する事業者が行ったメンテナンス時に発生。4月12日午後3時9分から午後4時1分までLINEトーク機能でメッセージの送受信ができなかったり、通話機能が利用できなかったりする不具合が約50分間続いた。その後、午後5時21分にはプロフィール更新や既読表示、グループ参加などの障害も復旧した。

 現在も一部機能で不具合が残っているため、障害の影響範囲の確認とともに復旧作業を続けている。

 こうした事態を受け、LINEメッセージの送受信に障害が発生していた約50分間にメッセージを送信したユーザーに対し「不達の可能性があるため、再度、送信をお願いいたします」と呼び掛けている。

 LINEは全ての障害復旧が完了した場合は公式サイトで告知する方針。同社は「ユーザーの皆さまにご迷惑やご不便をおかけしましたことをおわび申し上げます」と謝罪している。

プレスリリース