アニメ史に残る名作「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」が、5月6日午前1時59分から日本テレビの関東ローカル番組「映画天国」で放送されることがわかった。同番組は3月でレギュラー放送を終えたが、今後は単発番組として放送される。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」が5月7日に公開されることを記念し、テレビ放送が決定した本作。シリーズ第1作「機動戦士ガンダム」から連なる完全オリジナル劇場版で、宇宙世紀の世界を舞台に、アムロシャアの最終決戦を描く。

宇宙世紀0093年、ネオ・ジオン軍の総帥となったシャアは人類を粛正するため、小惑星5thルナを落下させる。さらに、かつてネオ・ジオンの本拠地だったアクシズの奪還と、ルナツーに貯蔵された核ミサイルの奪取を目論み、作戦遂行に向けた見せかけの和平交渉のため、地球連邦政府との交渉の場となるサイド1のコロニー・ロンデニオンへと向かう。

一方、同じくロンデニオンにやってきたアムロは、連邦政府参事官の娘クェス、ブライトの息子ハサウェイに出会い、和平交渉を終えたシャアと遭遇。やがて、シャアの言葉に動かされたクェスは、彼とともにアムロのもとを去る。その後、ネオ・ジオンは和平交渉を利用した戦いの末、核兵器とアクシズを手中におさめる。アクシズを第2の隕石として地球へ落とそうとするシャア。その企みを阻止すべく、行動を開始するアムロブライトが率いるロンド・ベル隊。地球の命運をかけて、ふたりのニュータイプ同士による最後の戦いが幕を開ける。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」は、5月6日午前1時59分~3時59分に、関東ローカルで放送。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」公開記念 (C)創通・サンライズ