ロシア外務省は現地時間13日夜にウェブサイト上で声明を発表し、福島第一原発の汚染処理水の海洋放出という日本政府の計画に対し重大な懸念を表明した。
声明は、「日本政府はこの決定にあたり、ロシアを含む近隣諸国と協議を行わず、十分な公式情報も提供しなかった。日本政府がこの問題において透明性を保ち、放射能のもたらし得る脅威を関係国に知らせることを望む。日本に対し、原発汚染水の放出に関して詳細な説明を行うとともに、必要時にこの地域の放射能状況について外部のモニタリングを認めるよう求める」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)