NTTドコモモバイル社会研究所が行った調査で、国内のスマートフォン比率が92.8%に達したことが分かった。2010年スマホ比率はわずか4%であり、この10年で一気に普及した。

【その他の画像】

 実質的に最初のスマートフォンといえる、アップルiPhoneが国内で発売されたのは08年7月。そこから1年半後の10年時点では、スマホ比率はわずか4%だった。その後、順調にスマホは普及し、15年に5割を突破、19年に8割を超えた。

 年代別に見ると、若年層ほどスマホへの移行が早い。同社が20年3月に行った調査では、10代ではスマホ比率が99.7%に達していたのに対し、70代では68%にとどまっていた。

 調査は1月に全国15〜79歳の男女8837人にインターネットにて行われた。

ケータイ、スマートフォン所有者のうちのスマートフォン比率(NTTドコモモバイル社会研究所)