アドベンチャーワールド和歌山県白浜町)では、高病原性鳥インフルエンザ対策のため休止しておりました、
鳥類のアトラクションおよび展示を2021年4月15日(木)より全面再開いたします。当パークでは、
2020年11月28日(土)より、ゲストの皆様の安全確保のため、そして飼育鳥類を疾病から守るためために
一部鳥類のアトラクション・展示を休止しておりましたが、高病原性鳥インフルエンザの国内の発生の沈静化を
受け、約4か月半ぶりに全面再開いたします。

【鳥類のアトラクション・展示 全面再開について】
■全面再開日:2021年4月15日(木)
4月3日(土)より段階的に再開しており、4月15日(木)より全てのアトラクション・展示を
再開いたします。

(1)鳥類のアトラクション等の再開
・ゴシキセイガイインコの食事タイム(ふれあい広場)
サファリワールド エミューの餌販売
・ふれあい広場の鳥類の餌販売
アニマルアクション等のアトラクションへの鳥類の出演



(2)鳥類展示が再開されるエリア
・エントランスドーム
ペンギン王国1階前
サファリワールド
・ふれあい広場内
ファミリー広場


   


アドベンチャーワールドで暮らす主な鳥類について】
種  類︓45種  飼育⽻数︓約850⽻

ペンギン科8種
ダチョウエミューなどの走鳥類
・ベニコンゴウインコ、ゴシキセイガイインコなどのオウム
・ハリスホークハクトウワシなどの猛禽類
アヒル、ガチョウなどの家禽

アドベンチャーワールドSDGs宣言・パークポリシー」https://www.aws-s.com/parktheme-sdgs/
アドベンチャーワールドは、「こころスマイル 未来創造パーク」として、すべての生命にSmile(しあわせ)が溢れる豊かな未来の地球の姿をパークで体現します。パークという”小さな地球”を通して、関わるすべての人の人生 が豊かになるように、動物たちの生命がずっとつながっていくように、自然や資源が循環し再生するように、未来の Smileを創り続けていきます。

SDGsについて
SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。
社会が抱える問題を解決し、世界全体で2030年をめざして明るい未来を作るための17のゴールと169のターゲットで構成されています。
2015年9月、ニューヨーク国連本部において193の加盟国の全会一致で採択された国際目標です。

配信元企業:株式会社アワーズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ