カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください


photo by Pixabay

 コーヒー豆を作る過程で取り除かれる皮果肉「コーヒーパルプ」が、コスタリカの森を急速に回復させることが、新たな研究でわかった。

 森林伐採された区画にコーヒーパルプを敷き詰めたところ、2年後、区画の80%が若い木々に覆われ、大きく木が成長したという。

 この研究は、学術誌『Ecological Solutions and Evidence』に発表された。

【コーヒーの廃棄物が森林を蘇らせることが判明】

 スイスチューリッヒ工科大学とハワイ大学の研究チームは、コーヒー廃棄物が森林にどんな影響を与えるかを調べるため、コスタリカの森林伐採された耕作放棄地(35×40メートル)を2つ用意。1つにはダンプカー30台分のコーヒーパルプを50センチの厚さでコーヒーパルプ敷き詰め、もう1つにはなにもしなかった。

 「結果は劇的でした」研究リーダーレベッカコール博士は言う。「コーヒーパルプを敷き詰めた土地が、わずか2年で小さな森に変わったのです。一方で、なにもしなかったほうは、外来種の牧草が茂ったままです」

 わずか2年で、コーヒーパルプ区画は80%が木で覆われたが、なにもしなかったほうの区画は20%だった。樹高もコーヒーパルプ区画のものは、もう一方の4倍に達したという。

コーヒー生産の時に出る廃棄物が森林を蘇らせる

photo by iStock

コーヒーパルプが外来種の繁殖を妨げ、土壌の栄養分を上げる

 コーヒーパルプは、勢力旺盛な外来種がはびこるのも防いでいるようだ。外来種の草は、その場所で森林が続いていく(遷移)のを妨げてしまうことがよくある。除去することで、最初に根づいた在来種の種子が風や動物を介して再定着し、素早くそこで成長することができる。

 さらに、炭素、窒素、燐を含む土壌の栄養分が、2年後にはコーヒーパルプ区画のほうが、かなり上がっていることがわかった。

 これまでの熱帯地方の旧農地はかなり劣化することが多く、土壌の質の悪さが何十年も森林の遷移を遅らせている可能性を考えると、これは将来有望な発見といえよう。

coffee-plantation-345367_640

photo by Pixabay

持続可能な廃棄物の処理方法を求めて

 コール博士は言う。
このケーススタディは、熱帯の質の悪い土地に森林を素早く回復させるのに、農業副産物を利用できることを意味しています。

これら副産物を処理するにはコストがかかりますが、これを全世界的に森林再生目標を達成するために再利用することは、農産業と自然にとってウィンウィンシナリオとなります

 栄養価の高い広く利用できる廃棄物として、コーヒーパルプは、費用対効果の高い森林再生戦略になりえる。

coffee-1839805_640

photo by Pixabay

農業廃棄物や副産物の再利用で森林再生を目指す試み

 このような戦略は、2015年のパリ協定で合意された、大規模な森林再生という世界目標を達成するのに重要な意味をもつ。

 この研究は、コスタリカ南部コト・ブルス郡にある元コーヒー農園を保護のために森林に復元している場所で行われた。

 1950年代、この地域では急速な森林破壊が進み、森がコーヒー農園や牧草地に次々と変えられ、2014年には森林面積は25%まで減少していた。

 2018年コーヒーパルプを使った場合と使わなかった場合の比較実験を行い、コーヒーパルプを敷き詰める直前と2年後の土壌の栄養分を比較分析した。

 さらに、生息種の存在、木の幹の太さや、草木の地面の広がりの割合、ドローンを使ってその繁茂状況を記録した。

 コール博士は、まだ2年分のデータしかないため、コーヒーパルプを使った森林再生の研究はさらに調査が必要だとする。

この研究は、一ヶ所だけでしか行われていないので、この戦略がより幅広い条件で機能するかどうかを確認するには、さらに試験が必要です。

わたしたちが得たデータはたった2年分ですが、長期のモニタリングを行えば、コーヒーパルプが長い間に土壌や植物にどのように影響を与えるのかがわかるでしょう。コーヒーパルプを使うことで望ましくない影響が出てくるかどうかも評価できるはずです

 コーヒーパルプやほかの農業副産物を利用する場合、材料を運び込むことが可能で、追加栄養分が近くの流域に流れ込むリスクをきちんと管理できる、比較的平坦でアクセスしやすい地域に限られるという限界がある。

 コーヒーパルプを利用するためのさらなる研究について、コール博士は言う。

この方法を、景観が悪化したさまざまな場所で試して、もっと研究を拡大していきたいと考えています。

また、オレンジの皮のように売り物にならない農産物もこのコンセプトで試験することができます。わたしたちのこの研究が、ほかの研究者や産業界にとって、世界的な再生活動と連携することで生産の効率化をより検討するきっかけになればいいと思っています


References:Forests on caffeine: coffee waste can boost forest recovery, shows study/ written by konohazuku / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

自然・廃墟・宇宙の記事をもっと見る

滅亡の日が近づいてきているのか?「終末の氷河」と呼ばれる南極の氷河の融解が予想以上に早いことが海底調査で判明 - カラパイア

海洋生物が赤道から冷たい水に逃げ出している。大量絶滅の兆候なのか? - カラパイア

異星人は10億年前から存在するAI(人工知能)である。アメリカの哲学者が主張 - カラパイア

ツングースカ大爆発を超える空中爆発が43万年前に起きていた。南極の氷からその証拠となる隕石の名残を発見 - カラパイア

コーヒーの廃棄物が森を劇的に回復させるという研究結果が報告される