道路の起点からの距離を示すキロポスト、これが中央道では妙なことになっています。起点から100km未満の地点を走っていたはずが、一気に300km台に上がる箇所があるのです。背景には、中央道ならではの理由がありました。

「高井戸が起点」中央道のキロポスト

道路端に一定の間隔で設置されるキロポストは、道路の起点からの距離を表し、管理上もドライバーにとっても重要な役割を果たすものです。たとえばラジオの交通情報では「〇キロポスト付近を先頭に渋滞」などと流れるほか、事故があった場合も、キロポストの数字から現場の位置を特定しやすくなります。

ところが、中央道では、このキロポストの数字が妙なことになっています。起点から100km未満の地点を走っていたはずが、一瞬のうちに、300km台へ上がっていることがあるのです。

中央道では、東京の高井戸IC付近から、愛知県の小牧JCTまで約345kmのあいだ、おおおよそ100m間隔でキロポストが設置されています。おかしなことになるのは、この本線の途中から富士吉田線へのランプが分岐する大月JCTです。下り線で分岐直前のキロポストは「67」ですが、富士吉田方面はその次が「367.1」になり、そのまま、河口湖本線料金所手前の「393.2」まで続きます。

いったい、何を基準にした数字なのでしょうか。NEXCO中日本八王子支社は次のように説明します。

富士吉田線のキロポストは、高井戸からの距離に300を足した表示になっています」

前出の通り、本線は高井戸から小牧まで約345kmなので、高井戸から67kmの大月JCT分岐部を境に、富士吉田方面のキロポストを「+300」で表示しても、数字が重複することはないというわけです。

なぜ中央道の富士吉田線は「+300」なのか

このように「分岐する路線のキロポストも、分岐前の路線の起点に準じる」ケース高速道路ではほかにもあります。

たとえば東北道は、川口JCT付近を起点に青森まで続きますが、途中で分かれる八戸道も、川口を起点としたキロポストが設置されています。この場合、東北道八戸道とで同一の数字が続きます。

対して中央道 富士吉田線のキロポストは、なぜ「+300」なのでしょうか。NEXCO中日本八王子支社は「道路名が変わらないため、本線と区別する」目的があるといいます。

たとえば八戸道の場合、「八戸道の570キロポスト付近で事故」といえば場所は明確です。ところが中央道の場合、富士吉田線も本線も「中央道」と案内されています。仮に富士吉田線のキロポストも本線と同一の数字で「中央道の70キロポスト付近で事故」といえば、「本線ですか? 富士吉田線ですか?」となるかもしれません。

ちなみに、東名高速 下り線の大井松田IC~御殿場IC間などで、本線が「右ルート」「左ルート」に分かれますが、ここではキロポストの数字は同一で、その下に「右ルート」「左ルート」と書かれた補助板がつけられています。

中央道 富士吉田線(ドラレコ画像)。