任天堂4月15日(木)に公開したインディーゲーム紹介映像「Indie World 2021.4.15」のなかで、海外ゲームスタジオDreams UncorporatedとSYCKが共同開発するRPG『Cris Talesクリステイルズ)』Nintendo Switch版を2021年夏に配信すると発表した。

(画像はYouTube「Indie World 2021.4.15」より)

 『Cris Tales』は、過去・現在・未来の時系列がひとつの画面内に映し出される特徴をもった作品である。現在の領域に存在するものは過去と未来に移動することで姿かたちが変わり、戦闘やイベントへさまざまな変化をもたらしていく。

 本作はクロノトリガーファイナルファンタジーVIペルソナ5などの日本製RPGに影響を受けているほか、手描きの2Dアートを使ったアニメーション演出も魅力のひとつだ。

(上記画像はすべてYouTube「Indie World 2021.4.15」より)

 なお、本作はPC(Steam)向けに無料体験版も配信されている。Nintendo Switch版の配信を待ちきれない人はプレイしてみるとよいだろう。

ライターヨシムネ

任天堂公式サイトの「Indie World」紹介ページはこちら「Indie World」の公式Twitterアカウントはこちら
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura