実況、解説、ファンも一時はアガリを確信するほど盤石のリーチのはずだった。しかし結果はまさかの満貫親被り。プロ麻雀リーグ朝日新聞Mリーグ2020」セミファイナルシリーズ4月15日の第2試合で、EX風林火山・勝又健志(連盟)が「山9枚」の三面張をアガれず、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)のラス牌待ちに敗れるという不運に見舞われた。

【動画】なぜか引けない9枚残りの三面張…

 15日の第2試合、勝又はリーチ後にKADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎(連盟)に倍満を放銃するなど序盤から不運が続き、南3局の親番を迎えた時点で3000点持ちのラス目。ここで5巡目に1・4・7索待ちのリーチをかけるも無念の流局となり、連荘の1本場に臨んだ。

 赤ドラを2枚含んだ好配牌を手にした勝又は、7巡目に自風の東を重ねてふたたび1・4・7索待ちリーチを敢行。同じ三面張でも先のリーチが山に4枚残りだったのに対して、こちらはリーチ時点で山9枚という絶好の待ち。満貫スタートと打点的にも申し分なく、高めのドラ1索をツモれば親の跳満という大チャンスを迎えた。

 解説を務めた河野直也(最高位戦)も「山9なんて言ったことないですよ!」と語り、実況の小林未沙が「これはアガったも同然か?」と興奮を伝える中、ツモアガリを目指してツモっては切るを繰り返す勝又。しかし1・4・7索はなかなか顔を現さず、さらに下家の鈴木がダブ南を仕掛けてピンズのホンイツへと手を進めていく。勝又の「ツモ」の声が聞けないまま捨て牌が3段目に突入すると、一時はアガリを確信していた河野も「いや引けない!?」「うわ、いないよ!ええ?」とまさかの展開に驚きを隠せなかった。

 最後のツモ番でも山に4枚残った1・4・7索を引き当てることができなかった勝又。その直後、4筒待ちでテンパイしていた鈴木はラス牌をピンポイントでツモアガリ。ダブ南・ホンイツの8000点(+300点、供託2000点)で勝又は親被りとなり、逆襲の大チャンスが一転、オーラスを前に箱下に沈むことになってしまった。まさかの結末に、視聴者からも「あまりに不運すぎる」「ついてなさすぎ…」「可哀想」「信じられない」といった同情のコメントが殺到。解説の河野も「悲しすぎる」と勝又を慮りつつ、「たろうさんの選択がお見事すぎました」と親リーチにひるまずアガリをものにした鈴木の技量を称えた。

 試合を観戦していたU-NEXT Pirates小林剛(麻将連合)は、自身のTwitterで「12.8%くらい」と7巡目の山9枚リーチをツモれない確率を算出し、「最終ツモまで進んで、さらに他家にツモられるのはかなり不幸なケース」と書き添えた。試合後のインタビューで「麻雀なので仕方ない」と2度の1・4・7索待ちリーチの空振りを気丈に振り返った勝又。「1枚の待ちを連続でツモれることもありますし、逆に言えば、薄い東を引いてテンパイできているので。いいめぐり合わせが来たときに逃さないように、しっかり頑張っていきたいと思います」と麻雀の不条理さを受け入れた。

 解説の河野にとっても勝又の不運は印象深いシーンだったようで、中継の最後に実況の小林から「よろしければ得意の川柳を」と振られると、「悲しみの 1・4・7索 山に9」と締めの一句を披露。「無駄に上手くて笑った」「毎回よーやるわw」「座布団9枚!」「整ったな!」「お後がよろしいようで」と対局を見届けたファンの心を和ませた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)
麻雀の確率、どこ行った!?山9枚の三面張がラス牌待ちに敗れる「あまりに不運すぎる」の声/麻雀・Mリーグ