image:秒刊SUNDAY

今、社会的に非常に大きな注目を集めているYouTuber。数年前には”子どもがなりたい職業”として名前が挙がったことでも話題になっていました。最近では人気YouTuberテレビ番組へ出演することも多くなり、更に憧れを抱く人が増えているのかもしれません。そんなYouTuberですが、なんと育成スクールが登場しネット上では様々な反応が寄せられています。特に気になる”学費”の面に注目する声が目立っています。

YouTuber育成スクールが登場

何かと話題になっているYouTuberですが、なんと育成スクールが登場し非常に大きな注目を集めています。

東京都五反田で今月から「バンタンクリエイターアカデミー」が開校する。同校は、YouTuberなどの次世代クリエイターの育成を目標とする専門スクールだ。「YouTuberなどの次世代クリエイターの育成」をテーマに、動画制作やサムネイル作成、さらにはマーケティングの授業など、さまざまな技術を身につけるカリキュラムが組まれている。

引用:ABEMA TIMES

今月から開校する「バンタンクリエイターアカデミー」はYouTuber専門スクールとのことで、動画制作からマーケティングまでYouTuberとして活躍するための、プロによる総合的な教育・指導を受けられるとのことです。

なお、バンタンクリエイターアカデミーの公式サイトによりますと学費は以下となるようです。

専攻名          設備充当費  授業費  実習費  合計
クリエイター総合(3年制) 26万円   80万円  25万円  131万円
クリエイター総合(2年制) 26万円   80万円  25万円  131万円

引用:バンタンクリエイターアカデミー

この発表には驚いた人も多いかもしれません。そして授業内容も気になりますが、SNS上では学費に関して様々な反応が寄せられています。

「学費で機材揃えた方が良いのでは」との反応続出

SNS上では今回のYouTuber育成スクールに関して、様々な反応が寄せられていますが特に目立つのが学費に関する部分です。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

「育成スクール130万払ってしまう人は一時的な結果しか出ない。肝心なのは人気YouTuberを参考にしながら差別化を図ること」「YouTuberは限られた枠やコネが必須なものではない。学費に使うお金で機材や素材を揃える方が良い」「130万円を機材といった必要なものに割けない時点でYouTuberは向いていない」といったコメントが多く寄せられています。

中には「YouTuberになるだけならその辺の猫を撮影した動画をアップロードするだけでもなれる」「YouTuberを職業のように扱うのは難しいのではないか」といったコメントや「スクールの運営側は美味しいですね」といった反応も少なくありません。

https://platform.twitter.com/widgets.js

一方で「育成スクールに興味がある」といったポジティブな反応も見られます。現在もYouTuberとして活動しながら何かしら課題を抱えている人にとっては興味を惹かれる部分もあるのでしょう。

https://platform.twitter.com/widgets.js

また「時代はかわったな~とかいうひともいるが、吉本興業NSCも最初設立されたころは「なに吉本、バカみたいなことをはじめてんだよ」と世間はひややかな反応だったことをわたしはおぼえている」といった投稿も寄せられています。

現在様々な反応が集まっているYouTuber育成スクール。いずれは卒業生からこんな風に活躍する人気YouTuberが生まれる未来もあるのかもしれません。

source:ABEMA TIMES ,   バンタンクリエイターアカデミー



画像が見られない場合はこちら
YouTuber育成スクール登場、驚くべきその学費が物議、大炎上