日本政府がこのほど福島第一原子力発電所の事故で発生した汚染処理水を海に放出すると決定したことについて、中国商務部の高峰(ガオ・フォン)報道官は15日に行われた記者会見で、「中国はこの『重大な関心事』について、関連の食品と農水産品の安全及び貿易に与える可能性のある深刻な脅威を真剣に評価する」と述べた。

高報道官は、「日本政府は国内外の疑問や反対を顧みず、安全な処理方法を十分に考え抜いていない状況の中、周辺国や国際社会と十分に協議せず、海洋放出という方法で福島原発の汚染水を処理すると一方的に決定して、国際社会の大きな関心を呼び起こし、特に周辺の国と人々の大きな関心を呼び起こした。中国はこの件に対し重大な関心を寄せている」と述べた。

また、「中国は事態の進展を密接に追跡し、関連の食品と農水産品の安全及び貿易に与える可能性のある深刻な脅威を真剣に評価し、中国の消費者の安全を保障する」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)