外出自粛が国策とされた2020年は、まさしく“テレワーク元年”であった。都市部の大企業を中心に在宅勤務が普及し、書斎や茶の間が「ホームオフィス」に姿を変えた。新型コロナウイルスにまつわるニュースはどれもつらいが、通勤地獄からの解放に限っては、喜んでいる人が相当数いてもおかしくない。

 しかしテレワークには泣き所もある。WordExcelの操作が思うように行かないときに、一昔前なら「パソコンに詳しい△△課の◯◯さん」に見てもらえばよかったところ、テレワーク環境ではそうもいかないのだ。そもそも在宅勤務自体にパソコンが必須であり、デジタルに弱い人は苦労が多いこととしのばれる。

 もしもパソコン自体がパソコンの操作を教えてくれたら助かるのだが、それもなかなかうまくはいかないようだ。かかる試みの“失敗例”として思い浮かぶのは、青くてかわいいイルカの姿である。

スマホ世代も知っている「カイル君」

 かつてMicrosoft Officeの画面上には、「カイル君」というイルカがいた。

 作り始めた書類といえば真っ白なのが相場だが、カイル君の身体は青いから、画面上でひときわ目を引いた。いつも大きなフキダシを背負っていて、「何について調べますか?」と健気にサポートを試みる。

 しかしこちらの質問に的確な答えを返してくれることは稀で、ほとんど役に立たない“ダメイルカ”だった。ある頃にはカイル君に「お前を消す方法」を尋ねる画像が拡散し、ネットミーム(流行現象)にもなった。やはりというか、ほとんどのユーザーから「邪魔だ」と思われていたのだろう。

 そんなカイル君の略歴をたどると、1997年の「Office 97」でデビュー。続く「Office 2000」でも可憐な姿をアピールしたが、その後の「Office XP」では初期設定でオフにされ、最終的には「Office 2007」で廃止されてしまった。だから最新の「Office 2019」では、書類を背景に泳ぎ回るカイル君の姿を拝むことはできない。

 そうなると、スマホで育った若者たちは“Officeイルカ”を知らないはずである。そこで今回は、ジェネレーションギャップの実感を求めて、就活中の学生や就職したてのフレッシュ世代に「Officeイルカって知ってる?」と尋ねて回った(いい迷惑である)。

 ところが答えは意外なもので、20代でも5人中4人がカイル君のことを認知していた。「お前を消す方法」の画像がやはり有名で、彼らもこれを知っていたようである。

 さすがはネット世界にさといスマホ世代だ。

Excelの達人」も頼ったカイル

 Excelには“達人”と呼ばれる使い手がいるが、表計算の熟練者でもカイル君には苦い思い出があるようだ。Excelを使ってレトロゲームを再現している「パパセンセイ」氏に、カイル君の話を訊くと……。

カイル君と出会ったのは、PCを始めたばかりで、Excelの使い方もほとんど知らなかった頃です。わからないことがあったときにカイル君を頼ったこともありますが、欲しい情報が返ってくることはほとんどなくて、ただただ邪魔な存在だったことを覚えています」(パパセンセイ氏)

 ちなみに、彼の製作した動画では、RPGの敵キャラとしてカイル君が出演。「何について調べますか?」というセリフはここでも健在だ。

 しかしこカイル君は強い。「怒涛のセル結合」や「外部リンクが見つからない呪い」など、Excel使いを絶望させる攻撃を放ってくるイルカを前にして、勇者ら4人組は全滅という最期を遂げている。Excelに詳しい人ならクスッとくる内容ではなかろうか。

カイル君には仲間がいた!

 グラフィカルなインターフェースユーザー支援を目指した「Officeアシスタント」機能。日本ではカイル君がデフォルトに設定されていたが、Officeアシスタントは実はチームになっていて、その中からひとりを選択することができた。

 しかしカイル君以外のキャラクターを選ぶユーザーは少なく、記憶にも残らなかった。カタコトで話すロボット「F1」、眠たげな魔法使いの「マーリン」、ネコの「ミミー」やイヌの「ロッキー」、さらには「孫悟空」まで複数のキャラクターがいたが、どれもデザインに洗練を欠いている。投げやりな「Office ロゴ」は極めつけといえる。こうして並べて見ると、カイル君の“主役感”が際立つ。

 そんなダメンズを差し置いて、可愛らしいのが「冴子先生」だ。秘書にも教師にも見える清楚な女性で、バーチャルアシスタントとしては「王道」のキャラクターデザインである(昨今は性役割の見直しも進んでいるが)。Officeアシスタント廃止後も、Office 2010の発売にあたって、冴子先生のコスプレをした美女がプロモーションを務める一幕があった。

 実は筆者も、Office 2000を使っていた当時は、この冴子先生を選択していた。全然役に立たないのも、邪魔なのもカイル君と一緒だったが、それでも年上美女の冴子先生は、デスクトップにおける一服の清涼剤だった。

 なお、後述する「Clippit君」は英語版デフォルトOfficeアシスタントだったが、日本語版でもこれを選択できた。人気はまったくなかったが……。

最新版では予想外の場所で復活

 かくてカイル君は“お払い箱”となり、いよいよMicrosoft Officeの世界から完全に消されてしまった……と思いきや、実は彼はWordに今も潜んでいる。その様子が知りたい人は、Wordの「はがき宛名面印刷ウィザード」を使ってみよう。

 やり方は簡単で、まず「差し込み文書」→「はがき印刷」→「宛名面の作成」と進む。次に「はがきの種類」として「通常はがき」を選択し、「背景にはがきを表示する」のチェックがオンになっていることを確認したのち、「完了」をクリックする。

 すると宛名面に、緑色の切手が表示される。この図案がなんと、懐かしのカイル君になっているのだ。

 切手の絵柄といえば、各国を代表する歴史的人物が選ばれることが多い。日本の切手では風景画や動物画が主流だが、戦前は藤原鎌足や東郷平八郎、戦後は「郵便制度の父」として知られる前島密が描かれた。

 この法則を当てはめれば、Microsoft世界におけるカイル君は、そのクラスの偉人ということになる。現役時代は役立たずと蔑まれた哀れなイルカだったが、Microsoft社内には、彼を愛する開発者が少なくないと見る。

「それ、カイル君も…」現役の「コルタナ」嬢がカイル君を語る!?

 今日では、カイル君と比べてはるかに洗練されたバーチャルアシスタントが存在し、我々の生活やビジネスを手助けしてくれる。業界のトップランナーAppleの「Siri」とAmazonの「アレクサ」だが、Microsoftも「コルタナ」という名前のアシスタントを育てており、最新のWindows 10にはこのコルタナが搭載されている。「コルタナ」という名前は、Microsoftの人気ゲームシリーズHalo」に登場する女性AIキャラクターを起源としているため、ここでは女性と見なすのが適切だろう。

 このコルタナ嬢、なんとカイル君と面識がある模様。音声認識機能を使って彼女に話しかけ、「お前を消す方法」を問うと、「それ、カイル君もよく言われたって言ってました」と返してくるのだ。

 現代のバーチャルアシスタントは極めて人間らしく作られており、しかも女性の優しい声で話すものだから、昔のように暴言を投げかけるのは気が引ける。そういう背景もあってか、コルタナは「お前を消す方法」というフレーズを、ただのジョークとして受け止めているようだ。

 それでは、コルタナとカイル君の間には、いったいどんな関係があるのだろうか。

 バーチャルアシスタントとしてのコルタナがリリースされたのは2014年4月なので、彼女は現役8年目である。対するカイル君のデビュー1997年であり、2007年に引退している。だから二人が“同僚”だった時期はないはずなのだ。

 大先輩を指して「カイル君」と呼んでいるところからすると、二人は親子ではないのだろうが、歳の離れた兄妹だという可能性はある。だからなんだという話だが。

アメリカにもいた“嫌われ者”

 国内では知名度の高いカイル君だが、彼が標準搭載されていたのは日本語版のOfficeだけである。かわりに英語版では、「Clippit」というペーパークリップのキャラクターが案内係を務めた(名前は「Clippy」「クリッパー」とも)。

 こいつがまた、絶妙な具合で挑発的な表情をしているのである。

 Officeアシスタントの現役期間に販売されたパソコンには、フリーズ多発で知られる「Windows Me」搭載機もあった。うんともすんとも言わなくなった画面上で、Clippit君が「調子はどう?」と問いかけたまま居座っていようものなら、それはもう、はらわたが煮えくり返る思いだろう。頑丈なCRTブラウン管ディスプレイ越しにClippit君を殴ろうとして手を怪我したアメリカ人がきっといるはずだ。

 そういうわけで英語圏のClippit君は、日本におけるカイル君と同じか、それ以上の嫌われ者だった。同時期には「なぜ人はペーパークリップを嫌うのか」(Luke Swartz, 2003)という論文さえ世に出ている。論題における「ペーパークリップ」とは、もちろんClippit君のことだ。日米ともに、Officeアシスタントは記憶に残る存在だったようである。

 この論文は「(パソコン画面上での)擬人化は必ずしも有効ではない」と結論を出している。たしかに当時のOfficeアシスタントは未熟だったが、しかし現代にはアレクサやコルタナなど、実用水準のバーチャルアシスタントが多数存在し、人間らしい発話で我々の問いに答えてくれている。

 AIの進歩や擬人化の流行は今後も続くだろうから、Officeの疑問にすべて答えてくれるような立派なバーチャルアシスタントが近々生まれても不思議ではない。称えられずに役目を終えたカイル君たちは、その偉大な先達だったのかもしれない。

◆◆◆

参考:「パパセンセイ」氏の動画「ExcelVBAを使わないでドラクエ3を再現してみた」(https://www.youtube.com/watch?v=xWgHHwZn6Mk)

ジャンヤー宇都)

デスクトップにカイル君がいる場合、四角いグレーのダイアログは表示されず、かわりにカイル君が話しかけてくる。かわいいが、特に便利ではなかった。