このほどボディビルダーの男性が、生後8か月の男児を“ホールフード”を取り入れた食事制限のおかげで「息子は“痩せて”いて、あり得ないくらいにハンサムだ!」とSNSで自慢し、物議を醸した。『7NEWS.com.au』『The Sun』などが伝えている。

米コロラド州在住のボディビルダー、ジャック・レイノルズさん(Jack Reynolds)が4月4日、愛する家族と撮影した1枚の写真をTwitterに投稿した。

海辺をバックに撮られた家族写真には、筋肉隆々の父親にスタイル抜群の母親、そして愛らしい息子の3人が写っている。生後8か月になるというジャックさんの息子は、月齢のわりにしっかりした体躯のようだ。

ジャックさんは息子ついて「『ホールフード』の考えにならって皮や種と取り除くことなく“野菜まるごと”“果物まるごと”そして“卵”と“水”しか与えていない」と言い、息子の容姿は「痩せていて、あり得ないくらいにハンサムだ」と以下のようにその効果を綴った。

「息子が自分でかじりついてしっかり食べられるようになるまでは、野菜やたんぱく質をすりつぶして与えているんだ。」

「息子の身長と頭囲は(成長曲線の)99パーセント、体重は70パーセントさ。」

「クソみたいな加工品を口にしていないおかげで、息子は“痩せているんだ”。」

ホールフード”では加工品や砂糖のような精製品を避け、野菜であれば皮や種、葉っぱ、根っこまで、魚であれば頭から尻尾まで「素材まるごと」余すことなく食べるという。これをジャックさんは息子の離乳食に取り入れているというのだ。

離乳食の進み具合は乳児によって異なるとはいえ、生後8か月の消化器官は未熟である。一般的に野菜の皮は1歳前までは取り除くように推奨されており、ホールフードにならって野菜や果物の種などを摂取することは、赤ちゃんの身体にとって負担になる可能性がある。また生後8か月の乳児における食物からの栄養摂取量は必要量の30~40%程度と言われており、1歳頃まで栄養の半分はミルクによる補助が必要とされている。

しかしジャックさんは「息子には食事と、水分は“水”しか与えていない」と言う。

その食事内容について、人々からはこのような厳しい指摘が相次いだ。

「自分の食事も選べない、こんな幼い赤ちゃんに自分の食志向を押し付けるべきではないわ。」
「お願いだから“ミルク”を書き忘れただけだって言ってちょうだい。」
「もし、あなたが本当にこんな食事を与えているのなら、小児科医に会いに行くべきよ。そうすれば、あなたが完全に間違ったことをしているって教えてもらえるはずよ。」

さらにジャックさんが息子の「痩せた体型」を自慢したことについても、このような非難の声があがっている。

「痩せている赤ちゃんに問題はないけど、赤ちゃんを痩せさせる必要なんて全くないわ!」
赤ちゃんを『贅肉のない痩せた身体』なんて表現する人、見たことがないわ。(こんな親をもった)赤ちゃんに幸運を!」
「このぐらいの赤ちゃんは脂肪を蓄えておくべきで、それが脳の発達にも関わってくるの。残念ながらあなたの赤ちゃんは、あなたたちのように頭の成長が足りなくなってしまうわ。」
赤ちゃんが痩せていることを自慢するなんて、あり得ない」
うちの子も痩せているよ。あんたたち2人以外はそんなこと誰も気にもしていないけどね。痩せていようがなかろうが、赤ん坊赤ん坊だ。」

ただ単に愛くるしい息子を自慢したかっただけのジャックさん、どうやら言葉選びを少し間違えてしまったようだ。

予想だにしなかった人々からの辛辣なコメントに、ジャックさんは「僕の昨日の投稿がこんなにもリツイートされている。(リツイートの知らせで)目が覚めるたびに、ソーシャルメディアやそのやり方って本当にウイルスの巣窟のようだなって思い知らされるよ」「たくさんの醜いネガティブエネルギーと妄想がインターネット上には漂っているんだ」と心境を明かした。

なおジャックさんは後日、Twitterで「この子は十分に愛されています。痩せているっていうのは単なるジョークです」と釈明している。

画像は『DrJrey 2021年4月4日Twitter「We feed our 8mo son:」』『Jrey 2021年2月10日InstagramI love the Sun and the ocean like I love my family, man」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト